andGIRL

半端な恋愛の終わらせ方教えます。気になる男子が2人いるアラサー女子のお悩み相談 のメイン画像

今回のお悩み

夢中になれる恋愛がしたい

曖昧な関係だけど心に残る男性が2人います。A(医師)は高校の同級生。地元で医師となった彼と再会すると、立派になった姿にときめき、一夜を共に。「遠距離は無理」と伝えられるも、数カ月に1回は関係を持つように。家には女性の化粧品があるけど聞けないし、好意を伝えても「僕も」と返答はあるけど告白はなし。約束のドタキャン&付き合ってくれないことへの怒りを彼にぶつけてからは疎遠に。もう1人のB(国家公務員)は合コンで出会って一目惚れ。タイプど真ん中だったけど超チャラ男。関係を持った途端に冷たくなり、一度は離れたものの「遠距離だから夢中にはならない」と、数カ月に1回は会うように。他にも女がいるし、体の関係を求めるのにキスをしたら激怒するなど、扱いが雑。少しのことでキレるので、彼の地雷を踏まないよう常にビクビク。しかし、たまに優しくされると安心してしまいます。他の男の影を疑って束縛するかのような言動もあり、いつか恋人になれるような錯覚に陥りました。他にも知人とワンナイトしたり、チャラさがにじみでているのか、既婚男性からも声がかかるように。 20代後半から結婚に焦り、積極的に恋愛してきましたが、結婚への不安から恋愛を終わらせることが怖いです。恋愛が終わる前に他に目を向けるので、自分の気持ちがわかりません。中途半端な恋愛を終わりにしたいです。きっと私は彼らにとって大切な存在ではないから、そもそも別れを言うのはおかしいかもしれません。中途半端な恋愛の終わらせ方を教えてください。1人に夢中になる恋愛ができるようになるにはどうすればいいでしょうか。

01 まずは一言「だからアナタは結婚できない!」

編集担当さんから送られてきた相談文の原文は、Word2枚にびっしりぎっしり書かれておりました。もうね、圧。筆圧が圧。連載を開始してから最大文字数です。おめでとうございます。ピーチさんがとても困っていることは筆圧からよくわかるので、さっさと現状分析に入りたいと思います。まず、ピーチさんが考えている「自分の現状分析」をまとめます。
  • 問題:中途半端な恋愛を終わらせられない、自分の気持ちがわからない、1人の人に夢中になる恋愛ができない
  • 理由:結婚への不安から恋愛を終わらせられない、複数の恋愛を同時並行している
ピーチさんは今の2人の男との恋愛を終わらせることが怖い、と書いています。なぜなら結婚への焦りがあるから。だから恋愛を複数で同時並行してしまい、結果として自分の気持ちがわからなくなっている、とのこと。「不安のために損切りができない」典型的なパターンだと思います。でも問題なのは「損切りができない」ことではありません。問題点は2つあります。まず、ピーチさんが「ヤリチンのカモ」であるという事実を認識していないこと。もう1つは現状ピーチさんが「恋愛」と呼んでいるものを続けても結婚は絶望的、という点です。まさに連載のタイトルどおり「だからアナタは結婚できない!」。順番に見ていきましょー。

02 ユー・アー・カモガールスター★

まず、ピーチさんはヤリチンのカモ女子です。医者チン、ジモチン、不倫チンと、多数のヤリチンを引き寄せる「カモ女子の星」といっても過言ではありません。なぜそんなことになっているのか?といえば、ピーチさんは彼らにとって都合がよく、コストをかけなくてもセックスできるし、雑な扱いをしても怒らないからです。もっとハッキリ言っちゃえば、なめられております。見下されております。
「きっと私は彼らにとって大切な存在ではない」と書いているあたり、ピーチさんはうっすらと自覚はしているようです。でもうっすらすぎ。この文章の後に続くのが「そもそも別れを言うのはおかしいかもしれません」っておかしくない?なんでしおらしいの?ここは「やつらを電柱にしばりつけて、生涯EDになるソングを24時間耐久で耳元で流したい」とか「滅びよ!」とか、そういう文言が続くものじゃない?まずは「1人の人間としてきちんと扱われておらず、なめられている」「自分は、雑に扱われても怒らないと思われている」という2点をはっきり指摘しておきます。

03 現状認識が甘すぎる

カモ女子の自覚がないだけではなく、ピーチさんは全体的に現状認識がだいっぶ甘いです。
「甘い」と感じたキーワードは下記。 
  • チャラさがにじみでている
  • 積極的に恋愛をしてきた
  • 中途半端な恋愛がたくさんある
心をこめて爆破していきましょうね。ピーチさんがヤリチン、不倫チンに言い寄られるのは「チャラさ」からではなく、「雑に扱っても怒らないだろう、利用しても問題ないだろう」と思われているからです。「チャラさ」という言葉を使うあたり、「すぐ関係を持ってしまう」という自覚はあるものの、「カモとして利用され、なめられている」という現状の問題が見えてないように思えます。すぐやるのが問題なのではありません。「利用されても怒らず逃げられず、自ら見下されポジションにい続けている」というキツイ現実が見えていないことが問題です。 

04 現状は「体の関係があるだけの片思い」では?

次に「積極的に恋愛をしてきた」「中途半端な恋愛」という言葉。この言葉から、ピーチさんは「自分はそこそこ恋愛経験がある」と思っているのではないでしょうか。人によって言葉の定義は変わるものですが、私は上記のような「見下し利用されている不公平な関係」を「恋愛」と呼ぶことに疑問があります。これ、恋愛?「体の関係があるだけの片思い」では?確かに、ピーチさんに恋心はあります。その意味では恋愛です。でも、チン側には恋愛感情や「大事にしたい」といった感情はありません。「束縛」っぽい発言?やつらは好きじゃなくても言います。関係ありません。だから「体の関係があるだけの片思い」といった方が適切です。

Check!で。これを恋愛と呼びますか?

「体の関係があるだけの片思いでもいい!好みの男と定期的にセックスしたい!」という意思でやってるなら問題ありません。でもピーチさんは「結婚したい」から「恋愛を終わらせられない」と書いています。だとするならダメです。ぜんぜんダメ。なぜなら「結婚」するには、「お互いを1人の人間として尊重する」「両思いになる」「たくさんの候補の中からお互いを選ぶ」「苦楽をともにする意志」「一緒に生活できる相性」といった条件が必要だからです。しかし、ピーチさんとチン男たちとの関係であるのは「体の関係」オンリー。その他が皆無。
「結婚に結びつくかもしれない」というピーチさんの期待値と、「結婚に結びつく要素が皆無」という現状には、絶望的な差があります。「テストに合格するために一生懸命勉強していたけれど、科目と範囲とテストの日付が違っていたし、そもそも応募していなかった」レベルのズレっぷりです。一応ピーチさんは「今の恋愛を終わらせたい」と書いています。でも、そもそもこのチン愛を「恋愛」と呼んでいいのか疑問だし、「結婚したいから切れない=結婚に結びつく可能性があると思っていた」点がヤバすぎます。現状認識の甘さをきっちり認識しない限り、同じことを繰り返すでしょう。

05 結婚につながる「恋愛経験」は実質ゼロ

甘い現状認識を爆破するとこうなります。
  • チャラさがにじみでている→なめても怒らずリスクがなさそうな雰囲気
  • 積極的に恋愛をしてきた→体の関係だけの片思いばかりだった
  • 中途半端な恋愛がたくさんある→結婚につながる恋愛経験はゼロ
ピーチさんは「結婚につながる恋愛経験が実質ゼロ」です。しかし、セックスはしてるし会える男性がいるから「恋愛経験がそこそこある」と思ってしまっています。この現状認識の甘さが、問題の根っこです。 

Next Page

結論!
35 件

あわせて読みたい

関連記事