andGIRL

LlNEの返信が無くて不安なときの対処法。LINEと上手に付き合う考え方とは? のメイン画像

01 LINEの通知をオフにしてみる

「彼から返信がきているかどうか、あまりにも気になってしまうため、LINEの通知をあえてオフにして、1日確認するのは2回と決めてLINEをチェックするようにしていた。すると彼の返信をずっと待つこともなく、返信するタイミングもちょうどよくなり、良い距離感を築けるように」(20代女性/美容関係会社勤務)

LINEを意識しない生活が精神の安定につながる

スマホとの関わりを切るのは難しいため、LINEだけは通知をオフしておくのも1つの方法。「彼から返信がきてないか?」と気にしてしまうと、常にLINEの通知を待っている状態になってしまいます。最初から「この時間以外はLINEをチェックしない」と決めておくと、「待つ」のではなく「その時間までは気にしなくていい」という心に余裕のある状態に持っていくことができるのです。

「1日2回まで」となるべく少ない頻度でチェックすると、精神の安定にもつながります。LINEが気になって、何も手につかなくなる女子は、まずLINEの通知をオフすることから始めてみましょう。

02 メッセージの内容を必要最低限にしてみる

「彼からのLINEに返信したあと、『返信いつくるかな』とずっとソワソワしてしまう。しかも既読スルーをされたら『え?変なこと書いて嫌われた!?』と不安になって、泣きそうになるほど。でもあるとき、『これってこちらから送らなければ、待たなくていいんじゃない?』と思いつき、『LINEが苦手だから』と伝えて毎日のLINEのやり取りをやめ、メッセージを送るのは会う約束をするときだけにした。たまにLINEしたくなるけど、待つ不安に比べたらそんな寂しさは全然我慢できるし、会えたときにたくさん話せばいいと思えたらラクになった」(30代女性/公務員)

やらないことで幸せになるという考え方も

LINEの返信で一喜一憂して疲弊しているならば、思い切って日々のLINEのやり取りをやめてしまいましょう。文字だけでのやり取りは「相手に誤解を与えたのではないか?」という不安の大きな原因になってしまいます。LINEのやり取りに楽しさを全然見出せなくなってしまうなら、LINEを送らないという選択をした方がずっと幸せ。

事前に「LINEはあまりしないタイプ」ということを彼に伝えておけば、LINEを送らなくても彼を不安にさせませんし、LINEを送るのは「どうしても伝えたいことがあるとき」「会う約束をするとき」だけと決めておけば、LINEの回数がぐんと減り、同時に不安も大きく減ります。他愛のないLINEの会話で彼を引き留めようとしても、逆にお互いの関係が悪くなってしまえば本末転倒ですよ。

Point!思い切ってLINEの優先順位を下げてみよう!

LINEの返信がなくて不安になる原因と向き合ってみると、そこに隠されているのは「すぐに返信してくれないとかひどい」「相手してくれないと寂しい」「私が送ったメッセージが気に障ったかもしれない」という被害妄想がスタート地点であることがほとんど。そしてそれは大抵の場合は妄想に過ぎません。LINEよりも彼との絆を深められる方法は、顔を見て話したり、肌と肌で直接触れ合ったりすること。表情や声のトーン、肌のぬくもりで伝わることの方が文字よりも何倍も大きく、そして真実味を帯びています。LINEよりデートの優先順位を上にして、「LINEは補足」という気持ちで接するのが大事。上手にLINEと付き合っていくことで、不安も減り幸せな恋愛が楽しめますよ!

Profile

恋愛カウンセラー・ライター/ゆりな
恋愛相談を中心とした心理カウンセラーとして活動。
現在は結婚してママに。恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。

あわせて読みたい

関連記事