andGIRL

クリトリスってどこ?仕組みや気持ちいいと感じる刺激方法を徹底解説 のメイン画像

Check!クリトリスとは?開発次第で気持ちいいと感じられるところ!

クリトリスとは、〝陰核〟と呼ばれる女性器の一番外側にある突起のことを言います。外尿道口の上に存在し、小さい豆のような形をしているのが特徴です。しかし、クリトリスのサイズは、人それぞれ。大きい人もいれば小さい人もいるでしょう。

クリトリスは、女性の代表的な性感帯のひとつとされていますが、開発されていないと快感を得られないことがあります。開発不足の場合は、手やおもちゃで触り、気持ちいい感覚になる部分を探すとよいでしょう。

ちなみに、クリトリスから尿が出ると思っている人がいるかもしれませんが、クリトリスと尿道は異なる位置にあります。そのため、クリトリスからおしっこが出ることはありません。

Check!クリトリスの構造や役割をイラストで徹底解説

クリトリスは尿道口の上の方に位置しています。体内には〝CUVコンプレックス(陰核尿道膣複合体)〟というものがあり、前庭球(ぜんていきゅう)や陰核脚(いんかくきゃく)、陰核海綿体(いんかくきゃくかいめんたい)などが合わさってできています。

クリトリスはオーガズムを感じるために備わっています。なんと性的な快感を引き起こすための神経が8,000以上も集まっていると言われているんです。ちなみに、クリトリスは性的な興奮を引き起こす役割のみで、他の機能はありません。

クリトリスが見えない!もしかするとクリトリス包茎かも?

クリトリスの場所がわからない場合は、小陰唇(しょういんしん)を少し広げると見つけやすいでしょう。

もし小陰唇を広げてみてもクリトリスが見つからない場合は、クリトリス包茎かもしれません。クリトリス包茎とは、クリトリスが皮を被っており突起が見つけにくい状態のことを言います。

クリトリス包茎の場合は、指で優しく皮を剥けばクリトリスが出てきます。安心してくださいね。

Check!コツを掴んで感度を上げよう!クリトリスの刺激方法4つ

クリトリスを刺激すればイク感覚を掴むことができるでしょう。クリトリスの刺激方法は、主に次の4つです。

1. ショーツの上から触る
2. 触り方を工夫する
3. シャワーを使う
4. おもちゃを使う


以下で詳しくご紹介いたします。

1.ショーツの上から触る

クリトリスを刺激するときは、ショーツの上から指で性器全体をなぞるように触りましょう。触ったときに気持ちのいいと感じる部分がクリトリスです。

クリトリスの場所がわかったらタッチに強弱をつけ、じんわりと心地よい触り方を探しましょう。このとき、最初から直接触るのは避けるのがおすすめ。クリトリスは敏感な部分のため、刺激が強すぎて快感を得られないことがあります。

2.触り方を工夫する

クリトリスを刺激するときは、触り方に工夫するとよいでしょう。

例えば、円を描くように撫でるように触ったり、リズムよくトントンと叩いたりすること。より強い快感を得たい場合は、クリトリスをつまみながら細かい振動を与えてもよいでしょう。

しかし、強くつまんだり叩いたりするのは痛みを生じてしまうかもしれないためNG。力加減に気をつけながら刺激しましょう。

3.シャワーを使う

指で直接触るのに抵抗がある人は、入浴時にシャワーを使って刺激するのがおすすめです。入浴時であればすぐに洗い流せるため、ひとりエッチ後のアフターケアも楽ちん!

シャワーでクリトリスを刺激するときは、温度はややぬるめ、水圧は強めがおすすめです。クリトリス周辺に当てて、気持ちいいと感じるポイントを見つけたら、しばらくシャワーを当て続けましょう。あっという間にイケるかもしれませんよ♡

4.おもちゃを使う

クリトリスを刺激するときは、おもちゃを使ってみるのもよいでしょう。

おもちゃは指よりも刺激が強いため、自分が感じるポイントを探しやすかったり、イキやすくなったりするはず。指で刺激するのとはまた違う、刺激的な快感がやみつきになるかもしれません♡

おもちゃとひとくちに言っても電マやバイブ、吸引など種類はさまざま。気になるものから試してみて、自分好みのおもちゃを探すのも楽しいでしょう!

クリトリスで感じたい♡唇で優しく包まれているような感覚の吸引バイブ『MY MARY PLUS』

〝クリトリスで感じられるようになりたい〟そんな人には、吸引バイブ『MY MARY PLUS(マイメアリープラス)』がおすすめ!加熱機能付きで人肌程度(36~42℃)のぬくもりを楽しめるため、まるで舐められているかのような体験が出来ちゃいます。

クリトリスへの吸引パターンは8種類、振動パターンは5種類!じらすような吸引から激しい吸引まで、好みに合わせてさまざまな快感を得られるでしょう。

ちなみに、『MY MARY PLUS』は、クリトリスに直接当てない非接触型。使用時に痛みを感じることがないだけでなく、清潔な状態を保てるおもちゃです。万が一、オーガズムを得られなかった場合は、全額返金保証(※)のシステムがあるのもうれしい!

▼『MY MARY PLUS』を詳しくチェック!

MARY(メアリー)


※ 公式サイトでの購入限定。商品到着後より30日の間に、メールにて問い合わせ。


Check!実はニオッているかも!?クリトリスのケア方法2つ

デリケートゾーンは複雑な形をしているだけでなく湿気が多い場所。そのため、恥垢と呼ばれるカスが溜まりやすいと言われています。恥垢を放置するとニオイが気になる場合があるため、日頃から清潔に保つことが大切です。

デリケートゾーンのケア方法は、主に次の2つです。

1. マッサージしながら洗う
2. VIOのムダ毛ケアをする


以下で詳しくご紹介いたします。

1.マッサージしながら洗う

クリトリスをケアするときは、お風呂でマッサージしながら洗うのがおすすめです。このとき、泡をたっぷりと立てるのがコツ。垢の溜まりやすいクリトリス包皮の内側や、大陰唇と小陰唇の溝を優しく洗いましょう。

クリトリスを洗うときは、デリケートゾーン専用のものを使うのがよいでしょう。ボディーソープで洗ってしまうと、刺激が強く肌荒れの原因になってしまう可能性があるためです。

ニオイが気になる人はベルガモットとビターオレンジのアワアワでスッキリさせて♡

〝デリケートゾーンのニオイが気になる・・・〟という人にぴったりなのが『iroha INTIMATE WASH』。ベルガモットとビターオレンジの香りの泡で、デリケートゾーンの汚れを優しく洗い流す外陰部専用ソープです。

『iroha INTIMATE WASH』はくすみ(※1)や乾燥をケアする美容保湿成分配合(※2)しています。しっかり汚れを落としながらしっとり、やわらかな洗い上がりを実現してくれるはず!

デリケートゾーン専用とは思えないスタイリッシュな見た目で、バスルームに置くだけでホテルライクな雰囲気を演出できるのも魅力。彼が急にお泊まりにきても安心ですよ♡

※1 メラニンを含む古い角質
※2 グリセリン、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン

▼irohaのアイテムラインナップをチェックする!




2.VIOのムダ毛ケアをする

クリトリスをケアするときは、VIOのムダ毛ケアをしておくのがおすすめ。VIOのムダ毛ケアをしておくと、生理中の蒸れが気にならなくなったり、体液の付着がなくなったりするため、デリケートゾーンを清潔に保つことができます。

VIOのムダ毛ケアをするときは、医療脱毛クリニックでのVIO脱毛がおすすめです。1回あたりの効果が高いだけでなく、施術者は国家資格を持っているため、安心して施術を受けられるでしょう。

ちなみに、カミソリでの自己処理はあまりおすすめできません。なぜなら、肌の角質層も削ってしまい、肌トラブルを引き起こしたり、黒ずみが気になってしまったりするからです。

乾燥などの肌トラブルや黒ずみなどにお悩みがある人は、デリケートゾーン専用クリームを使いましょう。日々ケアをすることで、黒ずみを改善できるかもしれませんよ。

黒ずんでいない?!ケアをすればデリケートゾーンに自信が持てるかも♡

デリケートゾーンの黒ずみが気になる人におすすめなのが『イビサクリーム』。美白成分だけでなく、肌荒れ防止成分と保湿成分を配合しているのが特徴です。

〈成分〉
美白成分:トラネキサム酸、VIOホワイトナノ(独自成分)
保湿成分:濃グリセリン、BG
肌荒れ防止成分:グリチルリチン酸2K
不使用成分:合成香料、着色料、アルコール、パラベン

『イビサクリーム』は通常購入と定期購入が選べますが、お得に買うなら定期コースがおすすめ!定期コースには以下の特典が付いています。

〈特典〉
毎回最大30%OFF
送料無料
28日間の返金保証つき
黒ずみケアのコツBOOKつき

ちなみに、定期コースの継続回数は制限なし!デリケートゾーンの黒ずみが気にならなくなったら休止・解約ができますよ。

▼『イビサクリーム』をもっと詳しくチェックする!

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム



※次回お届け予定日の7日前までに連絡


クリトリスの場所や刺激方法を知ってセックスでイキやすい体を作ろう

クリトリスは開発次第で女性が気持ちよくなれるところです。自分で刺激するときは、指はもちろん、シャワーやおもちゃを使い、自分好みの刺激方法を見つけてください。クリトリスで快感を得られるようになれば、セックスでもイキやすくなるはずです♡



文/竹中みえ・andGIRLweb編集部

Keywords

この記事に関連するキーワード

関連記事