andGIRL

andGIRL

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Pinterest
セックスでイケない理由は7つ!感じないのはなぜ?原因を知って彼とのHを楽しもうのメイン画像

セックスでイッたことがない女性は半分以上?

そもそも、セックスでイケない女性はどれほどいるのでしょうか?『LCラブコスメ』は女性を対象にアンケート調査を実施しました。セックスでイッた経験の有無について、240人の女性に調査した結果をご紹介します。

セックスでイったことはありますか?

アンケート結果(引用:LCラブコスメ「彼とのエッチでイケない!中でイケないのはなぜ?セックスでイキやすい体にする方法」)

240人中128人、約5割以上の女性がセックスでイケないことがわかりました。2人に1人はイッた経験がないことになります。とても高い割合ですよね。

セックスでイクとは?中イキしたときの感覚をご紹介!

「イク」というのは「オーガズムに達する」ことです。オーガズムとは、性的刺激を受けて性的興奮が高まり絶頂に達する性反応を指します。
イクときの感覚は個人差があり、以下のような感覚になるようです。

  • 「電流が走った」
  • 「頭の中が真っ白になった」
  • また、雄叫びのような声を上げる
  • 全身がけいれんする
  • 涙が出る
  • 白目をむく

感覚は人によって異なりますが、すべて性器の収縮によって感じるものだと言えます。

しかし、セックスでイケるようになるには時間がかかる場合が多いもの。そのため、何度も経験を重ねることが大事と言われています。

セックスでイケないのはなぜ?7つの理由(原因)とは?

男性より女性の方が、セックスでイケないと感じる人が多い傾向があります。前提として、女性は身体が冷えていると快感を得られない場合があるのです。
血行をよくすることで、濡れやすくなったり性器の感度が上がったりするもの。血行を促進するために、温かい飲み物を飲む・湯船にゆっくり浸かる・足元を温めるなどの冷え対策を行ってみてくださいね。

上記を意識したうえで、女性がセックスでイケない理由もチェックしましょう。理由は以下の7つです。

  • もともと感じにくい体質である
  • クリトリスが開発されていない
  • 膣が開発されていない
  • 独自のオナニーでしか感じなくなっている
  • 彼の愛撫による刺激が強すぎる
  • 挿入時に彼のペニスと十分に密着していない
  • 彼やセックスに対して不安や悩みがある

各理由を詳しく見ていきましょう。

もともと感じにくい体質である

セックスでイケない原因として、もともと体質的にオーガズムに達しにくい場合があります。
例えば、セックスの経験が少なく、性感帯があまり開発されていない場合は、性的刺激を得にくい場合があるのです。また、濡れにくい体質の場合はピストンの摩擦で痛みを感じることもあるでしょう。

クリトリスが開発されていない

セックスでイケない原因が、クリトリスの開発不足である可能性も高いでしょう。
女性には様々な性感帯がありますが、クリトリスは開発しやすい部分です。イキやすい身体を作るため、まずはクリトリスのオナニーをして感度を高めていきましょう。    

▼クリトリスを開発したい人におすすめ!

マイメアリープラス

97%(※)の女性が気持ち良くなった!
「イク」を体験してみる♡

(※過去累計販売個数の返金保証申請に基づき算出。)

「マイメアリープラス」は非接触の振動と吸引、そしてヒートリップ機能で使った人に快感を与えてくれます。

シリコン製のヘッド部分をクリトリスにあてて使用。直接触れることはないので、清潔に使用できるだけでなく、痛みを感じることもほとんどないでしょう。

ヒートボタンを押すと36〜42℃まで温かくなるので、まるで本物の唇で舐められているかのような体験をすることができます。

また、もしオーガズムを得られなかった場合は全額返金保証(※)が付いているので、「買って気持ち良くなれなかったら…」と不安な人も安心して手に入れらるでしょう。

(※全額返金保証には、所定の条件があります。詳しくは公式HPをご確認ください。)

▼他のアイテムも知りたい人はこちらから!

膣が開発されていない

クリトリスでは快感を得られるのに、中でイケないのは膣内が開発されていないことが原因だと言えます。

膣の入口から約4cmの場所(お腹側)に「Gスポット」という性感帯があるのをご存知でしょうか?Gスポットを意識して開発していくことで、徐々に感度が高まるはず。ぜひ試してみてくださいね。

▼膣を開発したい人におすすめ!

インナーボール

日本人女性に合わせて作らているから安心!
膣トレを始めてみる♡

「LCインナーボール」は、入れるだけで膣トレができるアイテムです。1日10〜15分程度でできるのでスキマ時間で続けられるのも嬉しいポイント!

また「LCインナーボール」は日本人女性の体のサイズに合うように作られています。本体は医療用器具に使われているシリコン素材でできているので安心して使用できます。

毎日コツコツ膣トレをして、パートナーとのラブタイムをもっと濃密なものにしましょう!

膣トレ初心者でも簡単に続けられる!
膣圧を上げてラブタイムを盛り上げてみる♡

▼他の膣トレグッズを知りたい人はこちらから!

独自のオナニーでしか感じなくなっている

セックスでイケない女性のなかには、自身のオナニーが原因の方もいるかもしれません。

オナニーは、自分の気持ちいいポイントを好きなように刺激できるもの。例えば、オナニーでおもちゃを使いすぎて刺激に慣れてしまうと、イケない原因につながることがあるのです。時には、刺激の少ないおもちゃに変えてみたり、指でオナニーをしたりすることも大切ですよ。

彼の愛撫による刺激が強すぎる

セックスでイケない原因として、前戯中にされる愛撫による刺激が強いことが挙げられます。
例えば、手マンやクンニなどで激しく舐めたり乱暴に愛撫したりすると、痛みを感じやすくなるもの。
女性の身体はとてもデリケートなので、ゆっくりと時間をかけて刺激することでイキやすくなりますよ。

挿入時に彼のペニスと十分に密着していない

オナニーでは中でイケるのに彼のペニスではイケない場合、膣とペニスがしっかり密着していないのが原因かもしれません。

膣が緩んでいると、膣圧が弱まり挿入中に感じることが難しくなります。

密着度をアップさせるためには、膣トレをして彼のペニスに密着する膣を作ることが重要です。密着度を高めることで、彼に「締まりがいい」と思ってもらえるかもしれませんよ。

彼やセックスに対して不安や悩みがある

セックスでイケない場合、心に不安や悩みを抱えているなど、精神的な問題を抱えている可能性があります。
イクことを目的にせず、「好きな人とくっついてイチャイチャすること自体を楽しむ」というスタンスでセックスしてみましょう。

彼とコミュニケーションを取りながら、一緒に気持ちよくなることを意識してみてくださいね。

セックスでイキやすい身体を作る7つの方法

セックスでイケない女性が、イケる身体を作るためにはどうすればいいのでしょうか?イキやすい身体を作る方法は以下の7つです。

  • オナニーでクリトリスを刺激してイク感覚を覚える
  • オナニーで膣を刺激してGスポットを感じやすくする
  • 膣トレで中の締まりをよくする
  • 前戯で感じやすくなるようムードを作る
  • 女性が中イキしやすい体位でセックスする
  • セックス中に性的妄想をして気持ちを高める
  • 抱える不安や悩みを彼に打ち明ける

オナニーでクリトリスを刺激してイク感覚を覚える

セックスでイケるようになるには、クリトリスでオナニーをして感じやすい身体を作るのがおすすめです。手順は以下の通りになります。

  1. 下着の上から優しく触る
  2. 指を愛液で濡らし、直に触る
  3. クリトリスが大きくなったら様々な刺激を与える

クリトリスは、いちばん開発しやすい女性の性感帯です。敏感な部分なので、できるだけ優しく触りましょう。指で刺激するのもいいですが、おもちゃを使って快感を引き出すのも効果的ですよ。

▼おすすめのアイテムはこれ!

toycod tara 吸うやつ

SNSで話題の「吸うやつ」はこれ!
二点同時攻めを体験してみる♡

「ToyCod Tara」はSNSで話題吸引バイブ、いわゆる「吸うやつ」です。加熱機能も搭載しているため、リアルな人肌を感じれるでしょう。

10種類の振動モードと3種類の吸引モードを掛け合わせて30種類のパターンを楽しむことができるので、自分好みをみつけることができます。

また、「ToyCod Tara」は生活防水タイプなので使った後丸洗いできるのも嬉しいポイント。衛生的に使い続けることが可能です。

中イキできたとの報告多数!
吸うやつで「秒イキ」してみる♡

▼もっと知りたい人はこちらもチェック!

オナニーで膣を刺激してGスポットを感じやすくする

膣の開発をしてGスポットの感度を高めるのも大切です。手順は以下の通りです。

  1. クリトリスを刺激するオナニーをして、膣を十分に潤す
  2. 手の平を上に向けて利き手の中指を少し曲げ、そのままゆっくり膣に指を入れる
  3. 中指の第二関節が入ったらストップする
  4. 中指の腹を優しくこすりつけて左右に動かし、ザラザラした感覚のGスポットを探す
  5. Gスポットを指の腹でトントンと叩くように刺激する

膣内を触るときは、傷つけないように愛液が十分に分泌された状態で指を入れましょう。Gスポットを探すにはバイブを使うのもいいかもしれません。

膣トレで中の締まりをよくする

膣トレとは、骨盤底筋肉をきたえるためのトレーニングです。

膣トレをすることで締まりがよくなるだけでなく、体液の分泌が盛んになり濡れやすくなります。手順は以下の通りです。

  1. 膝立ちになる
  2. 膣を引き上げるつもりで力を入れる
  3. 息を吐いて身体の力を抜いてリラックスする
  4. 1〜3の手順を10回〜20回×3セット繰り返す

膣に力を入れるときは、足・お腹・お尻に力が入らないように気をつけてください。膣トレはグッズを使うとやりやすいですよ。

▼おすすめのアイテムはこれ!

さくらの恋猫

次世代の「イク」膣トレって何?
膣トレと感度磨き同時にしてみる♡

「さくらの恋猫」はローターでありながら膣トレ用のインナーボールでもある2wayのアイテムです。パートナーとのラブタイムでローターとしても使えるのはもちろん、本体を膣内に入れて膣トレもできます。

また、スマートフォンと連携し、膣トレ専用のトレーニングボイスで簡単に膣トレをすることが可能。トレーニングボイスに合わせて本体が振動します。そのため、どのタイミングでどれぐらい力を入れればいいかわからないといった悩みをもった人におすすめです。

離れた場所にいるパートナーと一緒に使える遠隔操作機能もついています。この機能があれば遠距離恋愛中でなかなか会えないカップルも一緒に過ごしているような感覚を味わえるかも…?

双方向の遠隔操作ができる!
会えない時間も一緒に楽しんでみる♡

▼もっと知りたい人はこちらもチェック!

前戯で感じやすくなるようムードを作る

セックスで気持ちよくなるには、ムードを作ることも重要です。お互いに目を見て見つめ合ったり愛をささやき合ったりと、雰囲気を大切にしましょう。

すぐに挿入するのではなく、キスや愛撫など前戯に時間をかけることがポイントです。ゆっくり優しく刺激してもらいたいと彼に伝えてみてください。

▼もっと詳しく知りたい人はこちら!

女性が中イキしやすい体位でセックスする

セックスでイケないと悩む方は、女性がイキやすい体位でセックスするのもいいでしょう。効果的な体位は以下の3つです。

  • 騎乗位
  • バック
  • 対面座位

「騎乗位」は、女性が主導権を握れるため、自分が気持ちいいと感じるスポットや動き方を見つけやすいでしょう。    
「バック」は、男性のペニスを膣の奥まで挿入できるので、快感を得やすいと言われています。
「対面座位」は、挿入しながらクリトリスや胸などの性感帯を刺激できます。

性器の形や大きさによって感じ方は異なるため、自分に合った体位を見つけましょう。

▼もっと詳しく知りたい人はこちら!

セックス中に性的妄想をして気持ちを高める

セックスでイクには、性的刺激を続けて気持ちを高めるのがいいでしょう。

しかし、イケないと悩む女性の中には無意識にスイッチを入れることをストップしている方がいるかもしれません。

その場合は、自分が性的興奮を感じる妄想をしてみるのがおすすめです。性的妄想をすることで、性的な気持ちに浸れるため、イキやすくなるでしょう。

ただし、妄想に浸って目の前の彼をないがしろにしないように注意してくださいね。

抱える不安や悩みを彼に打ち明ける

セックスをする前に彼としっかり話し合って不安や悩みを伝えると、セックスでイキやすくなるでしょう。

イケないことにプレッシャーを感じていたり、性行為そのものにネガティブな思いがあったりすると、イクのは難しくなるものです。

セックスはふたりで行うことなので、辛い気持ちを抱えずに共有することが大切です。不安が解消されることでリラックスした気持ちで臨めるようになるかもしれませんよ。

排卵日前後など性欲が高まる時期にするのもあり

セックスでイクためには、生理が終わった後から排卵日にかけて性欲が高まりやすい時期にするのもおすすめです。

排卵日とは、生理が始まった日を1日目として約2週間後のこと。その時期に合わせてセックスすると、イケる可能性が高まりますよ。

ただし、排卵日は妊娠する可能性が高い日です。妊娠を望まない場合は、コンドームをつけてしっかり避妊しましょう。

イケないことを悩まなくて大丈夫。リラックスして彼氏とのHを楽しむのが近道♡

セックスでオーガズムを感じないと、不安になったり焦ったりすることがあるかも。ですが焦らなくても大丈夫。

セックスの目的はイクことではなく、パートナーとコミュニケーションを取ることです。お互いに愛情と思いやりを持つことで、より関係が深まるでしょう。焦らずにリラックスしながら、彼とのセックスを楽しんでくださいね。

文/井出みるく

 border=

関連記事