andGIRL

幸せを感じている女子が実践していること3選♡ポジティブになるための〝習慣〟とは? のメイン画像

01 いつも笑顔を欠かさない

「『黙っていると怒っているように見える』と度々言われてきた私。別に怒っていないけれど、そういう顔立ちだからいつも怖そうな人に見られていたらしい。そこで20代後半になってからは意識して口角をあげ、人の話もできるだけ笑顔で聞くようにしていた。すると元気なパワーをたくさんもらえる友人が繋がっていき、今はたくさんのポジティブな友人たちに囲まれている。自分自身が人を遠ざけていたことがわかり、笑顔の大切さを実感した」(20代女性/アパレル関係会社勤務)

笑顔の人には笑顔の人が引き寄せられる

「笑顔でいたら幸せになれる」というのは、「笑顔」が良い人間関係を引き寄せてくれるから。いつも暗い顔をしている女子に近づきたいと思う人は、不幸な人と接することで自分の幸せを確認したい人くらいなもの。

人生の幸福度の大半は人間関係で決まる言われている通り、ハッピーな人の周りには同じようにハッピーな人が集まり、そしてそれがさらに大きな幸せに導いてくれるのです。不自然な笑顔を作る必要はありませんが、少し大袈裟でも笑顔をキープするようにしていれば、必然的にポジティブ思考の人たちが集まってきて、幸せなオーラが纏えるようになりますよ。

02 人と比べることをしない

「彼氏がいる友人を見て落ち込み、ブランド物を買っている友人を見ては落ち込み・・・とSNSを見る度に落ち込んでいる日々。そこでしばらくインスタにログインしないようにして、放っておく期間を作ってみた。友人からは『なにかあったの?』と言われたけれど、いつも人と比べて悩んでいた時間がなくなり、本当に自分がしたいことに没頭できるようになった」(30代女性/飲食店勤務)

「他人は他人」と考え、自分らしい幸せを見つけることが大切

人と比べるクセがある人も、幸せになれない傾向にあります。そもそも自分よりも幸せそうに見える人を探すとキリがないもの。どんなに大金を手に入れても、それ以上のお金を持っている人が存在するように、比較対象がある限り自分が持っている幸せを感じにくくなってしまうのです。

SNSは楽しいこともありますが、簡単に他人と比べてしまうこともできてしまいます。SNSをすることによって楽しさよりもマイナスの感情の方が大きくなってしまうのであれば、距離を置いてみましょう。比べるものがなくなると、自分の心が自分だけに向いてくれるので、自分が感じる幸せの意味が分かり始めます。「他人は他人」と割り切る思考法を少しずつ身に着けていくのも、幸せになるコツの1つですよ。

03 彼氏に依存しない

「ずっと彼氏がいないと人生がつまらないと思っていたし、彼氏が途切れたことがなかった。でも毎日彼氏のことばかり考えている日々に疲れてきて、彼に依存することをやめてみたら恋愛の悩みにいつも取り憑かれていた気持ちががスッキリ!『彼がいても、依存すると不幸になってしまうんだ』と痛感した」(20代女性/メーカー勤務)

1人だからこそ気づく幸せもたくさんある

人間関係から得られる幸せもありますが、ときには人間関係で生じる不幸せもあるもの。特に恋愛になると好きな人にどんなに尽くしても振り向いてもらえないケースも多く、つらく感じてしまうことも。つまり「他人ありきの幸せ」というのは、自分で幸せをコントロールできていないのと一緒なのです。

「お1人さま」との言葉もある通り、1人だからこそ楽しめることもたくさん。1人だからこそ気づくことができる些細な幸せは、日常の中にたくさん散りばめられています。幸せを自分自身で見いだせるようになれば、どんな状況でもハッピーなマインドで過ごせるようになりますよ。

Point!女子はみんな幸せになる権利がある♡

諦めることなく頑張っていれば、必ず幸せが訪れるもの。ポジティブなエネルギーを最大限に発揮して、幸せオーラが溢れる日々を楽しく送ってみてくださいね!

Profile

恋愛カウンセラー・ライター/ゆりな
恋愛相談を中心とした心理カウンセラーとして活動。
恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。

あわせて読みたい

関連記事