andGIRL

許せなかった元カレのダメダメ言動3選。一気に気持ちが冷めた残念エピソードまとめ のメイン画像

01 上から目線で発言される

「元カレはイケメンだったけど、私に対する発言が上から目線。『付き合ったからって、まだ俺の全てがお前のものになったとは言えないから』とデートする度に言われていた。最初はそれでもカッコいいから許せていたけど、毎回言われるうちに気持ち悪くなってきて『お前、一体何様なんだよ!』と言って別れた。いまだに思い出すと具合が悪くなる」(20代女性/美容関係会社勤務)

ナルシストなイケメンは、彼女よりも自分の方が好き

当初は「イケメンだから仕方ない」と受け入れていたことも、ナルシストな発言がずっと続くと、「いい加減にしろ!」とだんだん怒りが湧いきてしまうもの。そういう男子は彼女じゃなくて自分が好きなため、彼女を幸せにしてあげたいという気持ちはありません。イケメンであるのは素晴らしいことですが、それを鼻にかけない、謙虚な男子を探しましょう。

02 誕生日を祝ったのにLINEの返信がない

「彼がLINEの返信が遅いのは知っていたけど、それは彼の性格だと思って我慢していた。でも彼の誕生日に、『おめでとう!』のLINEを送ったら、既読がついたのはなんと3日後・・・。彼女からの誕生日を祝うLINEですらしばらく無視できる神経がもうついていけなくて、ようやく嫌いになった」(20代女性/アパレル関係会社勤務)

相手の気持ちを無意識に踏みにじる男子には要注意!

誕生日という特別な日はカップルなら大事にしたいですよね。自分の誕生日を祝ってくれない彼も嫌ですが、さらに嫌なのは「祝ったのに反応ナシ」の彼氏。誕生日にお祝いLINEを送ったのに、返信ナシというのは相手の気持ちを踏みにじることを何とも思わない人だと言っているようなもの。普段は返信が遅くとも、イベントのときくらいは素早く対応してほしいものですよね。

03 仕事が忙しくてドタキャン続き

「彼は仕事が忙しいとすぐにデートのドタキャンをする。それも当日に。私はこのデートの日のために仕事も終わらせてきたのに、ドタキャンを告げられたときの絶望感が半端ない。仕事だからと我慢していたけれど、3回連続で続いたときに『もうやっていけない・・・』と見切りをつけた」(20代女性/販売員)

楽しみにしていたイベントが突然消えてしまうダメージは相当なもの

彼氏と会うために仕事を乗り切ってきたのに、それを当日キャンセルされることほど酷なものはありません。その理由が避けられないものだとしても、毎週楽しみにして、落とされて・・・の繰り返しでは、彼女側のメンタルが相当ダメージを受けてしまいます。ドタキャンする可能性のある彼とは、デート以外に楽しみを見つける等の対策をとっておいた方がいいでしょう。

Point!気持ちが冷めたら我慢しないで、新しい道に進みましょう!

自分がどうしても許せないと思えば、スッパリ別れた方がストレスも感じません。つらい気持ちを我慢せず、新しい彼氏を探して、幸せを自ら掴み取りましょうね!

Profile

恋愛カウンセラー・ライター/ゆりな
恋愛相談を中心とした心理カウンセラーとして活動。
現在は結婚してママに。恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。

あわせて読みたい

関連記事