andGIRL

ヤリモク男子の特徴と見分け方まとめ♡カラダ目的の男に引っかからないための対処法 のメイン画像

01 ボディタッチが多い

「『俺、手相わかるんだよね』から始まり『筋トレしてて、腕の筋肉すごいから触ってみて?』など、とにかく体の触れ合いを強要してくる男子はヤリモクだった。手相もわかるとは思えないし、筋肉も大してすごくないし、触りたいだけなのバレバレ」(20代女性/営業職)

自分の体を触らせようとする筋肉男子は危険度マックス

最初のデートからなにかと理由をつけてボディタッチをしてくる男子は危険度マックス。ヤリモク男子はカジュアルなボディタッチが上手かったりするので、拒絶するのも難しかったりします。

特に筋肉を自慢したい男子、筋肉を触らせてこようとする男子は遊び慣れしているのは間違いナシ。意味なく筋肉をつけたいのはモテたいからであって、その筋肉を触って欲しいのも、あわよくば・・・という心理が働いているものなのです。

02 デートのスタート時間が遅い

「合コンで知り合った彼は、デートのスタート時間がいつも22時からだった。毎日仕事終わるのが遅いとかで、その時間しか選べず、終電がなくなるのにどうしよう・・・と思いながら飲んでいたら、案の定終電を逃し『仕方ないから休もうよ』とホテルへ誘われた。結局カラダを許してしまい、次の日から音信不通に。計画的犯行だったとしか思えない」(30代女性/アパレル会社勤務)

デートが遅い時間なのは、終電を逃すことを期待している

デートの時間が遅すぎる男子は、意図的に時間を遅くしている場合があります。それも「終電を逃してほしい」という魂胆が隠れているから。特に初デートでスタート時間が遅すぎる場合は、疑ってみてもいいでしょう。しかも、初デートですぐ帰らなきゃいけない時間を選ぶこと自体、誠意がありません。

「仕事終わるのが遅くなる」という言い訳は、嘘で簡単に使われてしまう言葉。そういわれたら女子側は諦めるしかないため、言葉を鵜呑みにせず彼の動向を探ってみた方が賢明でしょう。

03 LINEで他愛のない話をしてくれない

「LINEのメッセージで、『今まで彼氏何人ぐらいいた?』『浮気とかしたことある?』と男関係の話しか送ってこない男子がいた。雑談のメッセージを送っても、まるでその文字が見えてないかのように華麗にスルーされ、『ねー、〇子って胸どれぐらいあるの?』とか聞いてくる。こんなにもわかりやすくヤリモクな人っているんだ!?とびっくり」(20代女性/美容関係会社勤務)

ヤリモク男子は、付き合うつもりがないので他愛のない話はしない

LINEだけでもヤリモクかどうかは簡単に見抜けちゃいます。LINEのやり取りの中に他愛のない話が一切なく、いつも「男に関連する話」しかしてこないのは、ヤリモク確実。今までの彼氏の人数や、浮気経験を聞いて「真面目な子か?」「軽い子か?」を判断し、イケると思われたら相手の標的になってしまいます。

日常会話は、ヤリモク男子にとっては意味をなさないものなので、そんなものは見事にスルー。ひどい場合は、女子のカラダの話をストレートに聞いてくるケースも。そんな男子と会っても時間の無駄なだけなので、LINEはサクッとブロックして終わらせましょう。

Check!〝この人ヤリモクかも?〟と思ったら即ブロック!

ヤリモク男子は純粋にヤりたいだけなため、相手の事一切知ろうとせず、関係を持てた後は音信不通になってしまいます。そんな男子に引っかかってしまうと自分が傷つくだけ。注意して男子を観察して、ヤリモク男子を撃退しましょう!

Profile

恋愛カウンセラー・ライター/ゆりな
恋愛相談を中心とした心理カウンセラーとして活動。
現在は結婚してママに。恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。

あわせて読みたい

関連記事