andGIRL

結婚に踏み切らないアラサー男子の理由3選。結婚願望が希薄な彼らの本音をリサーチ のメイン画像

01 まだまだ遊びたい

「正直まだ遊びたいから結婚したくない。結婚するなら、遊びつくしたあと『もういいや』って思ってからでも遅くないかな」(30代/営業職)

アラサーでも、今はまだ結婚する時期じゃないと考える男子は多い

結婚したら自由が奪われてしまうのは仕方ありません。独身時代みたいにいろんな女子と遊べず、結婚で得るものもあるけど失うものも多いと考える男子は多いのです。

ただそういう男子は「絶対結婚したくない」ということではなく「遊びつくしてからだったら結婚したい」とは思ってはいるよう。つまり、「今はまだ結婚する時期ではない!」と結婚を先延ばししている状態。結婚はタイミングなので、「今年中に結婚したい」と期限を決めている女子は別れを考えるのも手ですが、彼女側の非はないので、まだ待てるようだったら男子が腹をくくるのを待つしかないかもしれません。

02 結婚後のお金が不安

「結婚後はいろいろとお金がかかるから、自分が大黒柱になるのはまだ不安・・・。自分のためにお金を使う機会も減っちゃいそう」(30代男性/メーカー勤務)

具体的にお金の将来設計を立ててみましょう

やはり「お金の不安」で結婚に踏み切れないという男子も多数。結婚して同居するとむしろ節約にはなりますが、その後子どもが生まれて・・・と未来を想像すると不安になってしまいますよね。共働きを予定していたとしても、妻が産前産後は働けなかったり、子どもがいると思うように仕事ができなかったりと、お金に対する不安は常につきまといます。

そういう男子はとっても真面目なので、その不安を取り除いてあげることが大事。男子側の収入に頼るのではなく、自分もきちんと将来のために貯金していることをアピールするなど、具体的な将来設計を話し合ってみると◎。お金を数値化し、「これぐらいのレベルの生活をしていけば子どもが生まれても大丈夫」というのを可視化することで、男子も結婚を前向きに考えてくれるようになるかもしれません。

03 子どもが欲しいと思わない

「子どもが好きになれない。子どもが欲しくないから結婚したくないし、親も仲が悪くて離婚したから温かい家庭のイメージがわかない」(30代男性/自営業)

結婚願望のない男子は、幼少期の家庭環境が影響していることも

子どもが欲しいと思えないから、結婚をする理由も見当たらないという男子は、幼少期の家庭環境が悪かったり、親が離婚していて「家庭」にいいイメージのない人に多い思考のよう。

子どもが欲しくないとなると、結婚のメリットが感じられないというのがアラサー男子の本音。そんな男子と無理やり結婚しても、うまくいかない確率は高いです。妻が子どもを欲しがっているのに、夫はそのつもりがないとなると、価値観の違いから離婚の原因となってしまうのは目に見えています。ただアラサーを通り越してアラフォーになると、子どもがいらない相手との結婚を考え始めることもあるので、これもまた時間が必要みたいですね。

Check!彼女側が変わる努力をしても、結婚願望のない男子にはあまり効果がないかも!?

「自分が変われば彼氏が結婚したいと思ってくれるかも!」と頑張っても、結婚に乗り気じゃない彼氏に対してだと徒労に終わることも。それは結婚したくない理由のほとんどが、彼女側ではなく男子の内側にある弱さや不安だからです。結婚はタイミングだともいわれています。もし自分ができるだけ早く結婚したいのであれば、違う相手を探すことも選択肢に入れてみてもいいのかもしれませんね。

Profile

恋愛カウンセラー・ライター/ゆりな
恋愛相談を中心とした心理カウンセラーとして活動。現在は結婚してママに。
恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。

あわせて読みたい

関連記事