andGIRL

2021年はどんな年になる?自分のグレードを上げることが開運のカギ!人気風水師・李家幽竹先生に聞きました のメイン画像

教えてくださったのは・・・李家幽竹先生

韓国・朝鮮王朝の王族、全州李氏19代目風水師。「風水とは環境を整えて運を呼ぶ環境学」という考え方のもと、衣・食・住、行動全般にわたるさまざまな分野で、現代の生活に馴染むおしゃれな感覚で的確なアドバイスを行い、多くの女性に支持されている。『李家幽竹の開運風水2021』(世界文化社)など毎年15冊以上のベストセラー書籍を出版し、累計700万部を突破!https://yuchiku.com

「理想の自分」を目指してルックスも内面も環境もグレードアップ!

2021年は品格やステータスの気を持つ「金(ごん)」の年! 

2021年は、2020年と同じ「金」の気を持つ六白中宮年。ただし、豊かさや楽しみごとをもたらす運気が中心だった2020年に対し、六白の「金」は品格やステータス、財運を表します。

つまり、メイクやファッション、持ち物、振る舞い、人間性、能力、身を置く環境など、自分をかたち作るもののグレードアップを目指すほど、運気がアップする年なのです。

Point!品格を損なう行為は運気ダウンのもと!

2021年は「天」と「自分」がつながる年でもあります。誰も見ていなくても、品格を損なう行いをすると、天がちゃんと見ていて運気を落とすことに。マナー違反や卑しい心、ずる賢い行為などは、くれぐれも慎んで!

「金」の年にアラサーガールが大切にすべき3大開運キーワード

01 「憧れ」を持つと出会う相手もグレードアップ!

グレードの高い相手と出会うチャンスに恵まれるのが、六白の年の特徴のひとつ。ただし、自分自身のグレードが、望む縁に見合っていなければ、いい縁に巡り合うことはできません。

自分のグレードを上げるには、「憧れ」を持つことが大切!人やアイテム、環境など、できるだけ「こうなりたい」「こんなアイテムや場所にふさわしい自分になりたい」と憧れの理想像を具体的にイメージしてみましょう。現状維持はNG!今の自分より少しでも高みを目指し、望む縁にふさわしい自分になれるよう行動していくことが、開運と出会いを引き寄せることにつながります。

Check!こんなアクションが運気と出会いを呼び込む

  • 「こうなりたい」と思える人の所作や持ち物を真似てみる
  • 行きつけのカフェをホテルのラウンジにランクアップする
  • 服や持ち物、インテリアなどをワンランク上のものに買い替える

02 「自分の役割」を果たして運気アップ!

六白の年は、自分の役割をきちんと果たすことで運気が上がる年でもあります。人は、社会や環境、職場、家族といった関係の中で、何らかのお役目を与えられて生まれてくるもの。周囲との関わりの中で生かされていることに感謝するとともに、不満を言う前に自らの役割を見つめ直し、与えられた役割を確実に果たしていきましょう。

アラサー世代なら、職場の後輩の面倒を見たり、親孝行したりすることも、役割を果たすことにつながります。また、身近な関係だけでなく、寄付やボランティアで知らない人や社会に貢献する、公共のマナーを守る、エコバッグ持参で地球環境に配慮する、といった広い視野にもとづくアクションも運気アップのポイントです。

Check!自分が望まない役割は果たす必要ナシ

「女友達といると、どうしてもお笑い担当になってしまう」「会社でいつも雑用ばかりさせられる」など、自分が嫌な思いをしたり、無理やり押し付けられたりした役割を果たす必要はありません。魂が向上するとは思えない役割は、断固として拒否してOK!

03 自分の「財」を書き出して財運アップ

「財」の気が強い六白の年は、自分の持つ財に気づき、それを大きくしていくことが運気を上げることにつながります。

アラサー世代だと、「まだ財といえるものなんてない」と思うかもしれませんね。でも、財は土地やお金、洋服、ジュエリーなどのように目に見えるものだけに限りません。才能や長所、スキル、知識、人間関係など、目に見えないものもすべて財産なのです。

自分が持つ財産をすべて書き出し、生かす方法を考えてみましょう。こうしたアクションが財の気を充実させ、財運を高めてくれます。

Check!こんなアクションが財運アップにつながる

  • スキルアップのために資格取得の勉強をする
  • 貯金を元手に投資を始めてステータスアップの足がかりに
  • SNSなどで人脈づくりをして仕事に役立てる
  • 不要な洋服をフリマアプリで販売

現状維持を打破して幸せを呼び込んで♡

見た目の上品さはもちろんのこと、2021年は「人としてどうあるべきか」が問われる年。ルックスも人間性もグレードアップした自分になって、出会いや幸運を引き寄せましょう!

取材・文/伊藤彩子

Keywords

この記事に関連するキーワード

関連記事

Keywords

この記事に関連するキーワード