andGIRL

お釈迦様の誕生日4月8日の「花祭り」で開運する方法とは? のメイン画像

4月8日ってどんな日?

お釈迦様が生まれたと言われている日!

4月8日は、仏教を開いたお釈迦様が生まれた日だと言われています。〝言われている〟というのは、お釈迦様の誕生について明確に記録した資料がなく、いくつもの言い伝えがあるため、正確な誕生日はわかりません。中国暦の4月8日という説が日本では支持されていますが、インド太陰太陽暦の2月15日に生まれたとする国もあります。仏教を開いた人が産まれたことをお祝いする日なので、キリスト教でいうところのクリスマスと同じくらい大事な日!全国のお寺では、「花祭り」というお祭りを行っています。

「花祭り」は何をするの?

全国のお寺ではお祭りが行われています。

4月8日にお寺に行くと、特別な法要が行われています。たくさんの花で飾った小さなお堂が作られていて、中には甘茶で満たされた水盤が置かれ、生まれた直後のお釈迦様の姿を表した「誕生仏」が安置されています。このお堂は「花御堂」と言い、お釈迦様が生まれた「ルンビニーの花園」を再現しています。水盤に甘茶が入っているのは、お釈迦様が生まれたときに、龍が現れて甘い雨(甘露)を降らせたという伝承に由来しているそう。参拝者はこの誕生仏にお参りし、振る舞われている甘茶をいただきます。他にも、稚児行列やパレード、ライブ、落語など、さまざまなイベントが行われています。2021年はコロナの影響でお祭りを自粛したり、小規模にして行うお寺もあるようです。詳細に関しては、ホームページや電話で確認してください。

23 件

あわせて読みたい

関連記事