andGIRL

フォトジェニックな「オキナワ マリオット リゾート & スパ」で過ごす沖縄旅行記 のメイン画像

07 沖縄トレンドのニューウェーブといえば、パン!食べなきゃ損です!

「えっ!?沖縄でパン?」と思った方も多いでしょう、実は私もその1人でした。近年沖縄は自家製天然酵母を使ったこだわりのパンや沖縄の食材を使ったお惣菜パンなどなど、美味しいパン屋さんが増えてきて、パン好きから注目されているんだそう!

今回私が立ち寄ったのは・・・「hoppepan(ほっぺぱん)」

一言だけ言わせてください・・・マジで美味しすぎて忘れられません・・・。

私がいただいたのは、店頭でオーダーしてからその場で作ってくれる「オムレツサンド」。食べるまでは、「わざわざ沖縄に来てまで食べる価値があるの?」と正直思っていましたが、その美味しさに感動!!!!生クリームと発酵バター、牛乳、オリーブオイル、グランド塩で焼かれたふわっふわのオムレツとジューシーなトマトがコッペパンに挟まれたこちら。割とボリューミーですが、美味しすぎてペロリと食べれちゃうから驚き。正直、人生で一番おいしい「オムレツサンド」でした。心の底から東京にもできてほしい!!(笑)

本当は何件もまわりたかったのですが、時間がなく断念。。。沖縄のパン文化・・・次回は絶対リベンジすると心に決めました。

08 雰囲気最高♡オシャレなカフェも続々オープン中!

青い海を眺めながら、こだわりの食を楽しめる絶景カフェがどんどん増えている沖縄。今回は、開放感抜群のテラス席が話題のお店におじゃましてきました!

今回私が立ち寄ったのは・・・「カフェギャラリー 土花土花(どかどか)」

店内には、器ギャラリーも。

海を眺めながらいただく、もっちもちのピザがたまりません

ぴりりと辛みのあるソーセージが入った看板商品のピザ「土花土花」。恩納村の海を一望しながら食べるピザは、も~絶品♡パリパリの耳ともちもちの生地に、シャキシャキの玉ねぎやスパイシーなソーセージ、生サラミ、ピーマンにチーズとたっぷりと具材が乗っているピザは、かなりボリューミーなので、腹ペコで行くことをオススメします。(ライターさんと2人で1枚で十分な量でした)そのほかにも、マルゲリータや、タコライスなどのメニューも。一緒にいただいた〝手作り豆腐ケーキ〟は、さっぱりとしたチーズケーキのようなお味。少しの酸味とあっさりした甘味が、暑い日にも◎!
■INFORMATION
住所:沖縄県国頭郡恩納村前兼久243の1

09 インスタ映えな写真を撮るなら、牧港にある「A&W(エーアンドダブリュ)」!

インスタ映えな写真を撮るのにオススメなのが、ココ「A&W 牧港店」!80年代にタイムスリップしたようなレトロで可愛い写真が撮れちゃいます♡敷地内にある、横断歩道もオススメですが、ドライブスルー付近で撮るのもオススメ。ただし、邪魔にならないように&車には注意です!!!
沖縄のローカルファーストフードとして、愛され続けている〝エンダー〟こと「A&W」。エンダーならではのドリンク、薬のような香りが特徴のルートビアにも挑戦してみて♡
■INFORMATION
住所:浦添市牧港4の9の1

10 丁寧な暮らしに一役買ってくれそうな食器がたくさん!「やちむん通り」

石畳の街並みも可愛い♡
沖縄に着たら絶対に訪れたいと思っていた「やちむん通り」。やちむんとは、沖縄の方言で"焼き物"という意味なんだそう。沖縄のやちむんは、ぽってりとしたものが多く、しっかりと重みがあるのもその特徴。ここでは、伝統的な焼き物から、今っぽいアレンジを加えた焼き物まで、窯元や店舗がズラリと並んでいるので、ブラブラ探索しながらお気に入りのアイテムを探すことができます。国際通りからもすぐなので、お土産を買うついでに、自分だけのお気に入りの〝やちむん〟を探してみてはいかがでしょうか?
縁起のよい絵柄が多く描かれているのもやちむんの特徴なんだそう。子孫繁栄につながる唐草模様や魚紋など、力強く鮮やかな絵付けが華やかで可愛いです♡編集ムナカタも、お気に入りを見つけて、しっかり連れて帰りました♪お店によっては、焼き物体験ができるところも!オリジナルの器を作るのも、かなりいい思い出になりそうですね。
いかがでしたか?今回は海に入らず楽しめる、THE定番ではない新しい沖縄をご紹介してみました。沖縄の夏は10月まで終わらないので、8月の今、まだまだ間に合う!沖縄で日々の疲れを癒してみてはいかがでしょうか?

撮影/中田陽子 取材・文/andGIRL編集部
83 件

あわせて読みたい

関連記事