andGIRL

仕事が好き。でも結婚して家庭に入ってと言われる。女の幸せと仕事どっちが正解?編 のメイン画像

Point!

  • ライチさん:29歳・マスコミ勤務
  • 彼の年齢:31歳
  • 交際歴:半年

今回のお悩み

仕事と彼、どちらを取るべきでしょうか?

いつも私のことを第一に考えてくれる彼とは、婚活パーティーで出会いました。付き合い始めて半年が経ち、早くも結婚に前向き。「子どもは3人かな」なんて話も出ていてすごくうれしい反面、このままでいいのか悩んでいます。 私はマスコミ勤務なので、深夜残業、休日出勤は当たり前。良い環境とは言えませんが、仕事は楽しいので辞めたくありません。一方彼は、超ホワイト企業に勤め、毎日19時帰宅&土日は完全休み。そんな彼にとって私の働き方は理解できないようで、結婚の話が出るたびに「そんな会社で働いてほしくないから、家庭に入って」と言われます。望んでいたはずの言葉なのに、いざ言われるともやっとしました。「仕事は続けたい」と伝えているものの、平行線。というのも、彼はバツイチ。前妻に浮気されて今に至るので、夫婦の時間がとれないと不安なんだそう。それを聞いて、前妻と比べられている気もしてさらにもやもや・・・。 そんな状態で終着点が見えないまま早2カ月が経ち、少し疲れ気味。重いと感じるときもあり、根本的に合わないのかも?と考えています。 仕事と彼を天秤にかけている私がいけないのでしょうか?おとなしく家庭に入るのが女の幸せですか?彼を説得するべきか、早く次を探すべきか、アドバイスをください。

01 実に適切な問いに感服します

婚活パーティー、大事にしてくれる彼との出会い、待ちに待ったプロポーズ・・・なのに満たされない・・・。いいですねー、アラサー女子の夢がぎゅっ★とつまったご相談です。

今回の相談は構造としてはわりとシンプル。相談者のライチさんは「自分の違和感」「自分の望み」をしっかり把握できています。「自分の望み」を把握できない相談者がすごく多い中、ライチさんはすごい!まずは自分で自分を褒めてあげてください。むしろ驚くのは、ここまで適切に把握できてるのにそこで悩むの!?いや、わかる!わかるよ!結婚したいアラサー女子だもんね!わかる!でもそこなんだ!?とち狂う前によくぞ相談してくれた!という、戸惑いと共感と感謝の気持ちでいっぱいです。さー、じゃんじゃん見てくよー。

02 「女の幸せ」という、古生代の幸せパッケージ

まず見ていきたいのが、ライチさんの「女の幸せ」という表現です。キラキラしたマスコミのお仕事へのやりがい、婚活パーティーという現代的な単語が並んだ後に、おやおや突然の昭和スメル。どうした???ってチキンを丸焼きしながら首をかしげました。おそらく昭和時代なら、ライチさんの問いには「もちろんそう!仕事なんてだめ!女の幸せは、家庭をしっかり守って夫に養ってもらうこと!」というアンサーが多数派だったでしょう。なにせ当時は高度成長期で、「男は仕事、女は家」と分業化がゴリゴリ進んでおり、「幸せパッケージ」が画一化されていました。ですが今や「女の幸せ」も昭和の遺物のひとつです。だって、共働きや女性の社会進出の現状にまるで合ってないし、人によって幸せも違うのにまとめ方が雑すぎ。

ライチさん、「固定電話を持つのが社会人の幸せ。だから固定電話を持て」って言われたら「そうですね!」って納得します?確かに、固定電話しかない時代なら「社会人として独立する=固定電話を持つ」だったと思います。でも今は、スマホもタブレットもあります。時代に合わない価値観を持ち出して悩むとは、これぐらいトンチキなこと。なので「おとなしく家庭に入るのが女の幸せですか?」という質問にはハッキリと笑顔で「ノー」!!!そんな三葉虫の化石がへばりついてるような古生代の「幸せパッケージ」はいりません。

03 「自分の幸せ」に仕事は重要

「女の幸せ」を爆破したところで、次に考えたいのが「ライチさんにとっての幸せはなに?」。これはもう答えが出ていますよね。「仕事が好き」。素晴らしいことです。アメリカの世論調査会社ギャラップによる「世界幸福度調査」では、「仕事に満足している人は幸福度が高い」ということがわかっています。マスコミという、多くの人が憧れるけど誰もがなれるわけではない職業に就いていて、激務でも「楽しい!」と思えるライチさんの「幸せ」に、仕事は絶対に必要なものなのでしょう。

04 彼は「君の幸せより、俺の幸せを優先」と言っている

ライチさんの幸せに「仕事」が不可欠ということは、相談を受けただけの私でも一目瞭然ですが、彼はどうでしょうね?

「いつも私のことを第一に考えてくれる」とありますが、ライチさんの幸せに不可欠な仕事についてはまるで理解も譲歩もしようとしない矛盾に気づいていますか?しかも理由は「前妻に浮気されて今に至るので、夫婦の時間がとれないと不安」という、自分都合。

ズバリ言ってしまえば「俺が不安だから、君の幸せを捨てろ」と言っているわけです。この言動から、彼はライチさんの大事なものを大事に扱おうとしないし、むしろ「捨ててもいいもの」と軽んじている態度もわかります。

05 話し合いができない人は結婚相手に不向き

また「話し合いが平行線」ということから、2人で話し合って落とし所を見つけることができない=話し合いができないタイプと推測できます。「話し合いができない」は、結婚生活におけるトラブルの大本山です。結婚生活は、性格も生い立ちも異なる2人の人間の共同生活。日々を過ごしていると、利害や意見が衝突することもたっくさんあります。衝突をいかに円満に解決して協力していくかが、結婚生活の満足度に直結する・・・と言っても過言ではありません。結婚前の話し合いの態度が、結婚後もずっと続きます。結婚式、住居、親戚付き合い、妊娠、子どもの育て方、介護・・・結婚すれば話し合いが必要なトピックは山ほどでてきますが、こういうときに「話が平行線」で「俺の要求を飲んでくれ」と言われ続けることになる可能性が高いです。よく「結婚したら変わってくれるかも」と期待する人がいますが、何十年も培ってきた性格は結婚などでは変わりません。

06 ライチさんをいちばんに考えてる?本当?

言動を見る限り、彼はライチさんの大事なものに敬意を払わず、自分の意見をゴリ押し、2人が満足できる落とし所を見つける能力がありませんが、ライチさんは「自分のことを大事にして、いちばんに考えてくれている」という評価。おそらくそれは合っているのでしょう。ただし「彼にとって重要でないことに関しては」という限定した意味合いで。

もし本当に「いつもライチさんのことをいちばんに考えてくれる」人なら、ライチさんの幸せに不可欠な「仕事」についても理解を示し、ライチさんが最も笑顔でいられるようにしようとするでしょう。でも、それがないよね。自分にとって大事なことについては「オレオレ」主張の一点張り。こういう二面性がある時点で、だいーーーぶ彼は地雷の香りがします。

07 結論

自分の結婚願望を具体化。それを相手に伝える

まとめます。

「仕事と彼を天秤にかけている私がいけないのでしょうか?おとなしく家庭に入るのが女の幸せですか?彼を説得するべきか、早く次を探すべきか、アドバイスをください」

「そもそも、仕事と彼を天秤にかける、女の幸せ、という発想はズレています。考えるべきは、自分の幸せになにが必要か。ライチさんの幸せに仕事は必須。自分の大事なものを大事にしてくれない人は、根本的に相性が合いません。次の人を探すことを強く推奨します」

「彼を説得」と選択肢にはありますが、これはとても難しいです。なぜならクリアすべきハードルがめちゃくちゃ多いから。
①ライチさんにとって仕事が大切だと理解していない②ライチさんの大事なものを軽んじている③ライチさんの感情より、自分の感情の方を優先④ライチさんが、自分のために犠牲を払うことを望んでいる

このハードルを越えて説得?無理じゃない?もはや人格チェンジ★レベルですが、人間が変わるのは「自分は変わらなくてはならない」という強い決意と「話し合いができる態度」がマストです。どちらも持っていない彼が変わるとは到底思えません。
おそらく「デート初期はとても優しかったから、もしかしたら変わるかも」という期待があるのかもしれません。ですが、最初に猛烈ロマンティックアタックをして、関係が深くなってくると「君は俺に従え」と要求をしてくる男性は、結婚後に高確率でモラハラ化します。彼がそのタイプかどうかは不明ですが、「自分の意見を通すために相手に多大な犠牲を強いる」現状だけ見る限りでは、私のモラハラセンサーがガンガン鳴っています。

ライチさんのように、好きなものがはっきりしている女性には、「君の大事なものは俺にとっても大事だ」と言って大事にしてくれる人の方が合っています。ぜひ次に行ってください。自分の大事なものを大事にしてくれない人なんて、仕事大好きな私たちの人生には必要なし!

Check お悩み相談募集!

ぱぷりこさんに恋愛・結婚に関する相談をしたい方は、こちらの応募フォームにてお悩みをお送りください。ぱぷりこさんが愛をもってお答えします!
イラスト/小迎裕美子 取材・文/伊藤彩子

あわせて読みたい

関連記事