andGIRL

結婚相手は〝2番目の女〟がいい?好きだけじゃ決められない、男が求める結婚の基準 のメイン画像

結婚相手に求めている特徴はこの3つ!

01 小悪魔より安定感

男性は「なにを考えているかわからない女性」に魅力を感じ、翻弄されたいと思います連絡が全然取れなかったと思えば突然「会いたい」とか言い出すような「小悪魔的な女性」に本能的には惹かれてしまうのです。

しかしモテる小悪魔女性がすぐに結婚できるとは限りません。男性が結婚したい女性の理想は小悪魔とは正反対だからですなにを考えているかいつもわからないようなフワフワした女性は、「これが一生続くのか・・・」と考えると、結婚対象外に。

結婚するなら毎日変わらない愛情を注いでくれる、感情の浮き沈みがない安定感は必須。「俺のこと好きなのかどうかな?」とヤキモキするのが恋愛の醍醐味ではありますが、そんな醍醐味は結婚相手には必要としていません。

02 押し付けない家庭的さ

男性は家庭的な人と結婚したい・・・ぐらいは大体お気づきだと思います。しかし、料理や掃除をするとき「やってあげた感」や「押し付け感」がでてはダメ「せっかく作ったのに、美味しくなかったの?」と文句を言ったり、「ちょっとそこ掃除したから汚さないで」なんてチクチク指図してくる女性だと、家事ができても結婚後の肩身の狭い生活が予想できてしまいます。

「家庭的」とは見返りを求めず、ただ「あなたが嬉しいと私も嬉しい」の精神で尽くしてくれるような女性のこと
感謝されたい、やってあげたのにその態度はなによ・・・と「やってあげた感」がムンムンに出ていれば、それはいくら料理や掃除ができても「俺がやった方がマシ」と離れて行ってしまうのです。

03 金銭感覚が彼氏基準の「普通」であること

彼氏に会うから毎回違うコーデで・・・と見た目に気を遣うのは重要。しかし着飾りすぎたり、高そうなものばかり買ったりしているのを見てしまうと、男性側は「結婚したらお金かかりそう・・・」と思ってしまいます。

男性はわがまま。彼女には綺麗でいて欲しいのに、彼女がお金を使いすぎていると将来を考えられなくなります。特に女性が誘ったレストラン(ランチ2,000円)が彼氏の金銭感覚(ランチ500円)と少しでも離れているだけで「金遣いが荒い女」の印象に。

「お金の普通の基準」って大抵の場合は「自分」。そのため彼氏の給料が芳しくない場合は「その基準に合わせた生活」をせめて彼氏の前だけでも意識的に送らないといけません

Point!総合的に平均点をとれるのがベスト

結婚というのは人生を共に送るといること。付き合っている世界とはまた別の世界なんです

「好きだ!」と勢いだけで結婚するのは20代前半まで。それ以降はある1点が突出している魅力的な女性より、総合で平均点がとれるような普通の女性の方が結婚相手としては軍配が上がるのです

Profile

恋愛カウンセラー・ライター/ゆりな
恋愛相談を中心とした心理カウンセラーとして活動。現在は結婚してママに。
恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。

あわせて読みたい

関連記事