andGIRL

アラサーが〝彼氏が部屋に来る前にすること〟まとめ。理想の彼女と思わせるハウツー のメイン画像

インテリアのセンスよりも重要なのは、内面が透けて見える小物や匂い

一人暮らしを始めるとなにが嬉しいかって彼氏を部屋に呼ぶことができる自由を手に入れられることも一つありますよね。しかし現実に初めて彼氏を呼ぶ時は「インテリアってこれで大丈夫!?」のとこから焦ってしまうもの。

しかし好みが分かれるインテリアはそこまで重要ではありません。そこそこのセンスさえあれば部屋はそこそこに見えるもの。重要なのは内面が透けて見える小物や匂いなのです。

01 花が好きな女性だからピュアと思わせる

男性は花が好き…ではなくて「花が好きな女性が好き」なのです。女性が喜ぶプレゼントにまずは薔薇の花を思い浮かべるように、女性は花を愛する心が備わっており、そして花をお世話する綺麗な心があるのが当然と思い込んでいます。

ただ現実女性はそんなに花が好きなのか?と言えば花はあれば嬉しいけれど、水をかえるのが面倒だったり、薔薇100本をもらった日にはそのトゲを処理する作業に血を流しむしろ恨めしくさえ思ったりと一概に「お花だーい好き」とは言えません。

しかし彼氏が来るケースは“人を喜ばせるために飾る花”。お花を綺麗に飾ってある女性の部屋をみて「ああ、この子は花を愛するピュアな子なんだろうなあ」なんて、彼が喜んじゃうから花は彼のためでもあるのです。

部屋も可愛く明るくなり一石二鳥。普段買わない花をこの日のためだけにでも飾りましょう。花が飾ってあるだけで「心に余裕を持ちながら生きている感」も出ますよ。

02 料理好きだと確信できるキッチン用品

一番大切とも言っていいキッチン。「綺麗な部屋」が一番だし、私は料理しないからキッチンはピカピカだから大丈夫…なんていうのはナシ。キッチンは最低限の道具を揃えて、ある程度「台所を使っている風」を醸し出さないと、口には出さないかもしれませんが「料理ができない女」に確実に認定。

そしてキッチン用品はあるものの、鍋はぴっかぴか、使った形跡は一切ナシでもNG。こちらは「料理しない女」認定されてしまいます。

つかいこなしている感がでているような、少しだけ焦げ目が残っているような鍋の方がより好印象。また統一感のあるかわいい鍋やお皿を選んで揃えているともっと「嫌々料理しているのではなく、本当の料理好きな女」に思われます。

「今日はお前の手作り料理、食べたいなー」なんて彼氏がいつ言ってきてもいいように、何品か料理のレパートリーは持っておいた方がいいですね。彼女の部屋に来たのに外食へGO……では彼氏も期待外れに。

03 ベッドの香りが自分の香りと錯覚させる

そして彼氏が部屋に来るということはお泊りする可能性だってあります!ベッドの中が汗くさかったりカビ臭かったり…ではその時点で彼氏は意気消沈。まずはシーツを洗い、布団を干し、フッカフカでいい匂いがするベット空間を作っておきましょう。

特に自分の匂いって自分では気づきにくいので、臭くないと思っていても他人が匂うと臭いと感じることも。念には念を入れすべてを清潔にしておくことが大事。

ベッドに入った時、想像以上に良い香りがしたら彼氏のテンションは確実にアップ。「自分が良い香りを発している生き物です」と錯覚させちゃえばこっちのもの。

“女の香り”がする香りが残りやすい柔軟剤をたっぷり使って、彼氏を気持ちよくさせてあげさせてくださいね。

Check!家庭的な女を醸し出せる部屋が理想

部屋は掃除してあり清潔であることはまず第一。ただそれプラスαで「“女”の部屋だー!!(歓喜)」と彼氏が喜びそうなものを用意しておくことが大事に。「え?俺のダチの部屋と大して変わんないじゃん!」なんて幻滅されないように、レディな部屋を目指しましょう。

Profile

恋愛カウンセラー・ライター/ゆりな
恋愛相談を中心とした心理カウンセラーとして活動。現在は結婚してママに。
恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事