andGIRL

婚活はメンズの見極めが超重要。絶対パートナーにしたくない〝嫌な男達〟特徴まとめ のメイン画像

婚活パーティーではここをチェック

Point!

  • 高収入だからと言って上から目線ではないか?
  • わかりやすいブランドもので固めてないか?
  • 過去の恋愛の話ばかりしてモテるアピールがしつこくないか?

01 上から目線

「職業欄をみたらなんと〝医者〟。見た目は背が低くて小太りだったためパッとしなかったけれど、医者だったら・・・と思っていたら性格がダメ。「〇〇似の女の子がいい」「年齢は〇歳まで」とずっと私の話は聞かず自分の理想の話していた。医者ありきじゃなくて性格ありきで医者だったらよかったのに」(30代女性/派遣)

Check!高収入だからと言って女性を品定めする男性は、結婚後気持ちの部分は窮屈な生活に

医者や弁護士などの高収入と思われている職業に就いている、また高学歴な男性は上から目線で女性をみがち。基本婚活パーティーではお互いの職業もわかるようになっているため(学歴を書くことも)、その時点で上下関係を勝手に作っている男性も。

別に理想を聞いてもないのに「やっぱりスレンダーな方がいいよね」とか「料理・掃除(つまり家事全部)はやって欲しい」とぜか〝自分が選ぶ立場〟として話続ける男性。「いや、あなたがそんなに素敵な男性だったら、なぜ婚活パーティーに?」とまず質問したくなってしまいますよね。

「自分はここにいるような人間ではない」「俺に出会えてラッキーだろ?」という〝すでに相手が自分と結婚したいと確信している立場〟でしか話せない男性は「あー、こりゃ職業がよくてもモテないのは納得だ」と、どんなに高収入でも願い下げ。

また総じてプライドが高い傾向にあるので、なにかあるごとに「お前は高卒だろ(故に俺の意見が正しい)」と自分の意見を押し付けようとしてきます。結婚したとして、お金があっても気持ちの部分では窮屈な生活に。

02 ブランドで固めているのに話してみるとケチ

「ブランドのロゴが大きく入ったバッグに、時計に服・・・と全てブランドで固めている男性がいた。こりゃさぞかし金持ちに違いない、と思いきや普通の会社員。そしてずっと『男女も平等な世の中だから共働きが当たり前』『ご飯も割り勘の方がお互い借りを作らないから、割り勘派なんだー』を連呼。絶対に結婚したくない」(20代女性/金融)

Check!自分のためだけにしかお金を使えない男性と結婚したら、絶対に不幸になる

ブランドを沢山持っているからといって、金持ちとは限りません。高級車を乗りまわしていても家はボロボロの賃貸、と〝見栄のためだけ〟にお金を使いたがる男性はいるのです。

そしてそういう男性に共通するのが〝他人のためにはお金を使いたくない〟と思っていること。

職業を聞いてもそこまで高収入でないハズなのに、分相応ではないブランドばかりの男性は結婚しても完全にお財布は別、1円も渡してくれない場合だってあります。

本当のお金持ちの男性はブランドでお金持ちアピールをしたりはしません。ブランド物を持っていたとしても、よく見ないとわからないぐらいのさりげないブランド品のみ。

婚活パーティーの〝ブランドギラギラ男〟は〝ただの見栄っ張り〟と思っておいてほぼ間違いないでしょう。結婚しても見栄のためにお金を浪費し続け、苦労するタイプ。

03 モテるアピールがシツコイ

「ずっと過去の恋愛話をしている男性がいた。『元カノを振った後ストーカーされた・・・』って話。しかし話が長い割には恋愛経験の中にその元カノ1人のエピソードしかでてこない。自分で自分の首を絞めているだけというのに気付いてない愚かさもモテないのがわかるし、話をするなら面白く盛ればいいのに、あくびがでるぐらいの抑揚のなさに会話のセンスのなさも露呈」(30代女性/美容)

Check!モテるアピールはモテないことをアピールしているのと同じ

婚活パーティーに参加しているからって決してモテないということではないのは百も承知。中には恋愛経験0という男性もいますが、出会いがなかったりモテてもタイミング的に結婚できなかった人も。それは男性も女性も同じでお互い暗黙の了解・・・のハズなのに婚活パーティーに多いのが〝異常に過去の恋愛話を伝えてくる男性〟。

モテない男性ほど、自分が振られた話はどこへやら「自分が愛された話」「自分が振った話」「好かれすぎため遭遇した元カノとの修羅場」を永遠と語り続けるのです。

結局は「俺はモテないからこの場にいるわけではない」とアピールしたいのでしょうが〝この男性がモテるかモテないか〟って女性側も数分会話したらすぐわかってしまいます。

婚活パーティーという場所で、いたずらっぽい笑顔で「俺、全然モテないんだって、ほんとに!!こんな美人と話せるなんて嬉しいよ♡」と、サラリと女性が喜ぶ言葉を言えちゃう男性が、結局本当にモテる人なんです。

モテるアピールは自信のなさの現れ。結婚しても全く男らしさを感じられず「あー、やっぱりこの人は好きにはなれない・・・」と後悔してしまうことも。

Point!結婚できる相手は1人!見る目を磨きましょう!

婚活パーティーに何度も出席していると「こんな人嫌だ」という男性には少なからず出会ってしまうもの。しかし「結婚できる相手は1人」。大勢の人に好かれるのではなく、1人の素敵な男性と出会えればいいのです。嫌だと思う男性に我慢するのではなく、たくさんの出会いの中で見る目を磨き、オンリーワンを見つけてくださいね!


Profile

恋愛カウンセラー・ライター/ゆりな
恋愛相談を中心とした心理カウンセラーとして活動。現在は結婚してママに。
恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。

あわせて読みたい

関連記事