andGIRL

お泊りデートで男子がドン引きしたエピソードまとめ。こんな姿は見たくなかった件 のメイン画像

01 下着や裸でウロウロされる

「お泊りということで、初めて体を重ねた日。ただそこまではよかったけど、その後彼女がパンツだけ履いて胸はポロンで部屋をウロウロ。やる前は『恥ずかしい…』なんて言ってただけに、その恥じらいが一瞬で消えたことに驚愕。実は慣れてるのかな?とかまで思ってしまう」(20代男性/メーカー)

Check!恥じらいは常に持つべし。リラックス状態で裸や下着でウロウロはNG!

お泊りデートは体を重ねた後も大事。全てが終わった…との安堵感から家にいるように裸や下着でウロウロしたり…では男性を萎えさせてしまいます。

男性はいつも女性に恥じらいをもっていて欲しいし、恥ずかしがるから脱がしたいと思うのです。「あの清楚な彼女はどこにいった?」と思われるような言動は控えましょう。
また下着や裸での蛍光灯の下では、ムダ毛の処理の甘さや肌荒れがいつもより鮮明に浮き出てしまうのでそこも注意。最悪「こんなに肌汚いの?肉がはみでてるし…」なんて幻滅されてしまう場合も。

特に背中は見えない部分なので、気を抜いていると「彼氏が持っている理想のイメージ」を全て壊してしまうことに(自分の身体は全て完璧よ!ってぐらいに磨きあげたらアリかもしれませんが)。プロのセクシー女優を見慣れている男性は「女性の裸体は皆が皆すごく綺麗」と勘違いしちゃっている人もいるので、暗い中で見せるぐらいがちょうどいいのです。

02 旅行並の荷物の多さには幻滅

「”今日はお泊りしてね”と伝えた次の日、車で迎えに言ったら彼女の荷物の多さにびっくり。
一週間分ぐらいのボストンバッグに荷物がパンパン。『なに入っているの?』って聞いたら『メイク用品に、ローションにボディクリームに…』と美容関連のものばかり。いくつ顔と体があるんだよ…って突っ込みたいし、たかだか一泊なのにこれはナイ…となんか現実を知った気がしてその日は結局できなかった」(30代男性/公務員)

Check!荷物の多さは自信のなさの現れ。美に執着している姿は見せない方がいい。

女性は美を保つがとても大変。お風呂をあがればすぐにボディクリームを全身に塗りたくり、顔も導入液から始まり、何本の美容液をパーツで化粧品を使いわけてお手入れ。メイクも下地から数本、ファンデーションも道具にも…と「たった一泊」だとしても美容のためにかなりの荷物に(拘りがあるため、旅行用コスメではダメ)。

ただこれって“男性が全然わからない部分”であり、また“男性があまり知りたくない部分”でもあるのです。ここまで努力をしてスベスベの肌を保っているのが事実だとしても、男性はそれを知ろうともせず“元から綺麗な女性なんだ”と勝手に思い込んでいるというのも事実。

それも男性は“ナチュラル”という言葉が好きだから。彼女の荷物の多さに驚くと共に“1泊なのにこんなに頑張る必要ある?”という、“美に必死な女性はなぜか汚く見えてしまう”という現象が男性の中で起きてしまいます。

後々“女性は大変なんだな”と理解してくれる日が来るかもしれませんが、付き合いたての一泊では「私、このローション1本しか使わないから」の体でしのいで、帰ってから沢山保湿してあげるようにしましょう。

03 物色する上に片づけない

「お泊りだからって『ねえ、〇〇どこにある?』とか聞きもせずに、いろんな引き出しを開けるのはやめて欲しい。また暇だったのか『これなにー?』とかいろいろ触って動かすし……普段は気にならなかったけどデリカシーがないところが見えた気がした」(20代男性/建築)

Check!泊まったからといって家族ではないのでデリカシーを忘れずに!

お泊りデートではやはり今までは見えてこなかった彼女の嫌な部分が浮き彫りになることも。特に男性が嫌がるのは“部屋を物色する女”。

物色とまでは言わなくても「歯磨き粉どこあるのー?」と手に引き出しを開け、また出したものを元の位置に戻さない。些細な動きですが、こういうところに日々の習慣がにじみ出てきてしまうのです。

引き出しは完全に彼のプライベートの領域なので勝手に開けない方がいいでしょう(気にしない男性もいるので、了承を得てみることがベスト)。また使った物を元に戻すことは忘れずに。“ガサツな女”と思われたら結婚への道がかすんできてしまいます。

また部屋は彼の趣味嗜好がそのまま現れる場所。「へーこういう本読むんだ(笑)」と、本やゲーム等をじろじろと見て彼の趣味をバカにするような発言をしてもいけません。お泊りデートでは“粗相をしない”ことが最優先で、慣れてきたら少しずつ自分色に染めていってあげましょう。

Point!彼氏側の理想のお泊りデートを演じてあげるのも優しさ

女性が気にする“すっぴん見せたくない問題”に関しては、そこまで気になった男性はいないよう。すっぴんを見せる明るさを気にしたり(間接照明ぐらいがベター)、今はすっぴんに見えるすっぴん風メイクもありますので誤魔化すのもアリ。最初の数回は「彼氏側が理想のお泊りデート」を演じてあげるのも優しさというものなのです。

Profile

恋愛カウンセラー・ライター/ゆりな
恋愛相談を中心とした心理カウンセラーとして活動。現在は結婚してママに。
恋愛がもっと楽しくなるコツが詰まった恋愛コラムを発信していきます。

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事