andGIRL

家電芸人・ユウキロックに聞いた!用途別で選ぶアラサー女子におすすめの「ワイヤレスイヤホン」をご紹介 のメイン画像

教えてくれたのは・・・ユウキロックさん

1972年4月16日生まれ。元漫才コンビ、ハリガネロックとして活躍。爆笑オンエアバトル第4代目チャンピオン。2014年にコンビ解散してからは、ピン芸人として活動。家電製品に詳しいことから、近年は〝家電芸人〟としても活躍中。

01 デザイン重視派のおしゃれ可愛いタイプ

ジュエリーボックスのような高級感のあるケースにアガる♡

バング & オルフセン『Beoplay E8 第3世代』

各¥34,545

バッテリーの駆動時間は最大35時間。Qi規格対応ワイヤレス充電ケース付きの、完全ワイヤレスインイヤー型。Bluetooth5.1接続で、パワフルに音楽を楽しめます。

「1925年にデンマークで創業したオーディオ・ビジュアルブランドで、とにかくスタイリッシュ。家電好きの僕からすれば、これを使ってる女子を見かけたら『わかってるな、上級者やん』って高ポイント。価格は3万円台で、イヤホンは値段の高さに比例して音がいいと判断してよし。ジュエリーボックスをイメージして作られたレザーケースが高級感抜群で、持ち歩くときもおしゃれさ◎。」

5色のカラーが揃い、どんな女子にも必ずお気に入りが見つかるはず♪

ソニー h.ear™ in 3 Truly Wireless 『WF−H800』

全5色 各¥22,000(編集部調べ)

CDやMP3などの圧縮音源や音楽から動画までのストリーミングがハイレゾ級の高音質。本体のみでも8時間再生可能なロングバッテリー。(※DSEE HX OFF時)

「イヤホンには大きく分けて上位機種、ミドル機種、下位機種がある中でこれはミドル機種。女性向けのカラバリがとにかく豊富なのが特徴です。ソニー製品は基本的に、音のよさが売り。デザインや色が可愛いだけじゃなく使い勝手もよくて、10分充電したら70分再生(※DSEE HX OFF時)できるので、うっかり充電を切らせてしまった時もうれしいですね。急速充電が得意なのも、ソニーならでは!」

形も色も大人可愛い♡アクセサリー感覚でつけるならお手頃価格で!

GLIDiC『Sound Air TW-6000』

全2色 各¥10,800(編集部調べ)

音楽再生/通話時間は約7時間、充電用ケース使用時は約21時間の使用が可能。(※使用頻度による)充電時間は本体、充電用ケースともにそれぞれ約1.5時間。片側約4.5gの軽量タイプ。

「爆発的に売れた人気シリーズの最新モデル。このプチプラ価格で、左右のイヤホンが直接スマートフォンに接続する最新の技術が搭載されていて、音楽が途切れにくいんです。本体の形やケース、色も可愛いので、ビジュアルを重視した女性におすすめ。アクセサリー感覚でつけられるのでは?」

02 こだわり派向けの高機能タイプ

業界最高クラス※1とも言われるノイズキャンセリング性能で音質最高!

ソニー『WF−1000XM3』

全2色 各¥25,880(編集部調べ)

完全ワイヤレスで、「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1」搭載、省電力ながらこだわりの音質を実現。7種類のイヤーピース付きで、どんな耳にもフィットする高い装着性と安定性あり。

※1 2019年12月1日時点、ソニー調べ。JEITA基準に則る。完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドホン市場において。

「ノイズキャンセリング性能のおかげでとにかく音が良く、たとえば飛行機内などで音楽を流さずにノイズキャンセルだけ稼働させておけば外部の音をシャットアウトできる強力な耳栓にもなります。高機能レベルでいったら、完全ワイヤレスイヤホンの中ではナンバーワン!と言ってもいいかも。ただし女性の耳にはちょっと存在感がありそうなので、僕としては白がおすすめ」

03 業界最先端!次世代・最新タイプ

本物志向のクール系女子におすすめ!プロ仕様をゲットして♪

Technics『ワイヤレスステレオインサイドホン EAH-AZ70W』

全2色 各¥31,000(編集部調べ)

フィードフォワード方式×デジタル制御、フィードバック方式×アナログ制御の〝デュアルハイブリッドノイズキャンセリング〟機能搭載、タッチセンサーアンテナ、充電ケースによる充電で最大約22.5時間再生可能。※4月中旬発売予定。

「パナソニックの最高級オーディオ機器ブランドで、レコードプレイヤーやクラブDJ機材で有名なテクニクスは、いわばトヨタの高級車ブランド『レクサス』のようなもの。直径10mmドライバーおよび〝デュアルハイブリッドノイズキャンセリング〟機能を搭載。さらに左右独立受信方式なので、周囲の騒音を低減し高音質で音楽を楽しめるほか、安定した接続で音が途切れにくく、動画視聴時の映像と音声のずれも軽減できます。ノイズキャンセリング、音質、通信の安定性、音の遅延の少なさ、通話品質など高機能を全て盛り込んだ本物志向の為の最新機種ですね」

04 こんなのあるの!?変わり種タイプ

耳を塞がないから買い物、散歩中にも便利!カジュアルに音楽を楽しみたい人に

ソニー『Xperia Ear Duo(XEA20)』

全2色 各¥19,000(編集部調べ)

周囲の音と音楽の両方が聞こえる「デュアルリスニング」設計。Assistant for Xperia(TM)で、天気やニュース、LINEメッセージの読み上げも可能。タッチパネルやヘッドジェスチャーでスマホを取り出すことなく操作可能。

「耳を塞がないワイヤレスヘッドセットなので、誰かと一緒にいながら音楽が聴けたり、駅のアナウンスも聞き逃しがありません。ノイズキャンセリング機能が全盛の中、あえてこれを選ぶのもあり。首振りで操作ができたり、LINEのClova(クローバ)機能※2を使えば、LINEにメッセージがきた時に読み上げてくれるという便利な点にも注目。ちなみに耳の下にかけるタイプなので、メガネやサングラスも楽にかけられます」

※2「Clova(クローバ)」は、LINE株式会社が開発したAIアシスタントです。本機能を使用するには、LINE Clovaアプリをスマートフォンへインストールする必要があります。

05 お値段以上!アンダー¥5,000のお手頃タイプ

とりあえずプチプラで試してみるのも◎。防水機能もうれしい♪

アンカー・ジャパン『【第2世代】Soundcore Liberty Neo』

¥4,999

イヤホン本体では最大約5時間、付属の充電ケースを合わせると最大約20時間の長時間再生が可能。ランニング中の突然の雨などから守るIPX7の防水性能、片方5gの軽量設計。

充電器やモバイルバッテリーなどガジェット周りのアクセサリーが得意なメーカーだけあって、信頼度◎。なによりプチプラが大きな利点です。とりあえずワイヤレスイヤホンを試してみたい、という人にいいかも!」

06 【番外編01】ワイヤレスイヤホンのお悩みを解決!

耳の形が小さくサイズ選びが困難な人はコチラ

コスパ力高し!ノイズキャンセリング機能なし以外はほぼ上位機種と変わらず

Panasonic「ワイヤレスステレオインサイドホン RZ-S30W」

全3色 各¥13,000(編集部調べ)

Bluetooth信号をイヤホンが左右それぞれに受信する独立受信方式なので、接続が安定。触れるだけで操作可能なタッチセンサー搭載でIPX4相当の防滴仕様。XS、S、M、Lの4種類のイヤーピース付き。※4月中旬発売予定。

「〝耳にフィットするコンパクトサイズ〟とうたっているので、これまで耳に合うものがなかなか見つからなかった人は試してみてもいいかも。ノイズキャンセリング機能はついていませんが、それ以外の機能は上位機種とほとんど変わらないので、コスパ的にはよし。さすがPanasonic!」

ワイヤレスだと、すぐ失くしちゃう・・・という人はコチラ

スマホやパソコン、iPadなど、アップル製品を揃えている人は利便性も◎

beats by dr.dre「BeatsX」

¥9,800(編集部調べ)

Apple W1 Chip搭載で、アップル製品とのペアリングが速い、本体は最大約8時間の使用可能、急速充電機能のFast Fuel搭載で5分の充電で2時間使用可能、45分でフル充電可能

「2014年にビーツを買収したアップル。アップル公式の製品だけあって、アップル製品との親和性が高いのが特徴です。完全ワイヤレスではなく、首掛けタイプのワイヤレス形式かつハウジングがマグネットなので、体から外れにくく失くしにくいのがポイントです」

07 【番外編02】男性にプレゼントするならコレがおすすめ!

え?サングラスから音楽が・・・!画期的かつ遊び心あるアイテム登場

BOSE「BOSE FRAMES ALTO(写真下)/RONDO(写真上)」

各¥25,000(編集部調べ)

バッテリー充電時間は最大約2時間、ストリーミングおよび音楽再生時のバッテリー持続時間は最大3.5時間。専用アプリで簡単アクセス、質量は約45gの軽量。

「これまでフレームがスクエア型のALTOしかなかったけれど、ラウンド型のRONDOが登場。彼にプレゼントするついでに一緒に購入して、お揃いコーデしてみるのもいかも。今もやっているか分かりませんが、ビックカメラだと度付きのレンズに変えられる、これは僕の経験談です」

製品のポイントを押さえてそれぞれにあったものを見つけて

高音質にこだわる人から、とりあえずワイヤレスイヤホンを使ってみたいけれどどれを選んでいいかわからないビギナー、ファッション性にこだわりたいおしゃれ女子、そして悩みを抱えた女子にまで、ニーズに合わせた製品を家電に詳しいユウキロックさんが紹介してくれました!ポイントで抑えるべきは、①完全ワイヤレスorワイヤレス、②ノイズキャンセリング機能にこだわり高音質を求める、③音質よりもコスパ重視でカジュアルに音楽を楽しむ、④耳にフィットするかどうかのお悩みを可決するかどうかの4つ。自分に合う、ベストアイテムを見つけてみて!

取材・文/若山あや

あわせて読みたい

関連記事