andGIRL

膣トレで美しいスタイルに手に入れよう♡締めとほぐしの〝膣締めメソッド〟まとめ のメイン画像

カラダがほぐれたら、〝膣締め〟にトライ!

Point!膣でしらたきを吸い上げる感覚が膣締めです

「私が生徒さんに説明するときに使うのが〝膣の穴から1本のしらたきを吸い上げるイメージをして〟」(村田さん)。

やわらかいしらたきは、力を入れすぎるとちぎれてしまい、引き上げる力が弱くてもスルスルと落ちてしまいそう!骨盤底筋を優しく、しっかりと、カラダの内側に縦に引き上げるのがコツです。引き上げ切ったら、今度はゆっくり下げるイメージで、膣をカラダの内側で上下させましょう。

Point!注意すべきポイントはコレ!

腹筋ではなく膣を意識!

外側から腹筋を使って力を入れるのではなく、腹筋は使わずに内側から膣を引き上げましょう。

肛門ではなく膣を意識!

肛門締める筋力は、骨盤底筋より圧倒的に強いもの。膣を締めているつもりでも、実は肛門がしまっている可能性も・・・。骨盤底筋に意識を集中させて!

腹筋などのアウターマッスルはオフにして!

膣締めで使うのはあくまでも骨盤底筋。腹直筋や腹斜金などのアウターマッスルはオフにしたままインナーマッスルを鍛えることに集中しましょう。

骨盤はやや後傾させるイメージで床と垂直にさせる

ハンモック状の骨盤底筋は、そり腰だと骨盤が前傾して潰れてしまうため、骨盤を床と垂直の正しい位置にして行うのがポイント!

Point!膣締めはいつ、どのぐらいやるべき?

結論から言えば、街を歩いている時、会議中、テレビを見ている時、湯船に浸かっている時・・・などいつでもどこでもやるクセをつけるのがおすすめ。正しく膣締めができるようになると、姿勢が安定して、上肢までしっかり使って膣が自然に締められるようになります。「ここまでくれば、首が伸びて小顔になり、くびれができて脚の張りも改善、どんどん健康になるのがわかります」(村田さん)

教えてくれたのはこの方

トレーナー 村田友美子さん

ピラティス、体幹トレーニング、整体の資格を取得後、ほぐし+ストレッチ+呼吸+体幹トレーニングの組み合わせによって姿勢を改善し、キープするオリジナルのメソッド〝yumicoreメソッド〟を考案。ほぐしで骨格を整えながら、さらにインナーマッスルを強化することで、女性らしい魅力的なくびれのある、しなやかなカラダ作りを提案している。著書「膣締めるだけダイエット」(ワニブックス)が大好評発売中。
取材・文/若山あや イラスト/水元ローラ
91 件

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事