andGIRL

お金持ちになるために9月21日にするべきこととは?中秋の名月のパワーを利用して金運をUPさせよう のメイン画像

中秋の名月ってなに?

旧暦8月15日に見える月のこと

中秋の名月とは、旧暦8月15日の夜に見える月のこと。旧暦では7月〜9月を秋としていて、秋のちょうど真ん中が8月15日になるため、中秋といいます。この頃の月が1年のうちでもっとも美しく見えるといわれ、特別扱いされているのです。

暦の関係で日にちは毎年変わり、2021年の中秋の名月は9月21日(火)になります。この日はちょうど満月になりますが、中秋の名月の日が必ずしも満月になるとは限りません。

なぜ中秋の名月で金運をアップできるのか?

中秋の名月は、実りのパワーを秘めているから

旧暦の8月15日頃は芋の収穫時期に当たり、その直後に稲刈りがあります。そのため、昔の人たちは、中秋の名月を愛でながら、月に作物が収穫できたことへの感謝の気持ちを伝えながら、稲の豊作祈願をしていました。そのため中秋の名月には、実りや豊作のパワーが宿っています。農作物が豊作になるとは、つまり現代でいうところのお金持ちになることと意味しています。

23 件

Keywords

この記事に関連するキーワード

関連記事

Keywords

この記事に関連するキーワード