andGIRL

今年最後のチャンス!縁起の良い11月17日の〝甲子の日〟に幸せをつかむ開運方法♡ のメイン画像

「甲子の日」って何?

3,000年以上も使われている暦のこと

「甲子」と書いて、きのえね、かっし、こうしと読みます。古来中国から用いられてきた数の「十干(じっかん)」と、「十二支」を組み合わせた暦「干支(えと、かんし)」の1つで、中国では、紀元前1,600年ごろから使われていたという暦のことです。

「甲子の日」ってどんな日?

60日に1回しか来ないラッキーな日!

干支は全部で60個あります。〝甲〟は「十干」の最初、〝子〟は「十二支」の最初なので、「甲子の日」は「干支」のいちばん最初に来る日。そのため、何かを始めるのにもってこいの日と言われています。

また五行思想では、〝甲〟は木の気を持ち、〝子〟は水の気を持つとされています。この2つの組み合わせは、自然界の調和がはかられ、流れが良くなると言われるほど相性が抜群なため、「甲子の日」は縁起が良い日とされています

24 件

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事

Keywords

この記事に関連するキーワード