andGIRL

朝7時〜9時は良い気が流れるドラゴンタイム!早起きで運気をアップさせる方法4選 のメイン画像

ドラゴンタイムって何?

いい気が流れているスペシャルな時間!

古来、日本や中国では、朝7時から9時までの2時間を「辰の刻」と言っていました。辰とはつまりドラゴンのこと。そのため、この時間帯をドラゴンタイムと呼びます。この時間帯は、夜の陰の気から昼の陽の木へとエネルギーが切り替わるタイミング。いい運気を運ぶ龍が活発に活動しているため、このよい気を取り入れることで開運できると考えられています。

ドラゴンタイムの開運アクション

01 窓を開けて空気を入れ替える

新鮮な空気を家の中に取り込んで

ドラゴンタイムには、ぜひ部屋の窓を開けて、外の新鮮な空気を取り込みましょう。このとき、1箇所ではなく窓2箇所か、窓とドアなど、空気が流れるようにするのがポイントです。前日のよどんだ空気が外に出て、家の中に新鮮な空気が入ることで、家の中の気が巡るようになり、活気とやる気が満ちてきます。5分程度の短時間でもいいので、ぜひ毎朝空気の入れ替えをするようにしましょう!

02 公園や神社に散歩へ出かける

良い気が流れる場所で気分をリフレッシュ

お休みの日など時間がある時は、ドラゴンタイムにお散歩に出かけましょう。せっかく行くのなら、良い気が流れる神社や、自然があふれる公園を選んで。新鮮な空気を取り入れられ、気持ちがリフレッシュできます。
23 件

あわせて読みたい

関連記事