andGIRL

3/3のひな祭りに開運を招く過ごし方まとめ♡桃の節句は開運するのにぴったりな日 のメイン画像

桃の節句ってどんな日?

中国から伝わった無病息災を祈る日

桃の節句は、1年に5つある節句のうちの1つ。中国では3月上旬の巳の日に邪気を払う「上巳の節句(じょうしのせっく)」があります。その風習が日本に伝わり、平安時代になると、紙や藁でできた人形に厄を移して無病息災を願うようになりました。それが室町時代頃になると、紙人形や藁人形が立派な人形になり、天皇と皇后のお姿を表すような形になったと言われています。3月上旬は桃の季節ということもあり、桃の節句と言われるようになったそうです。

開運アクションをCHECK!

01 雛人形を飾る

感謝の気持ちを込めて飾って

雛人形は、あなたの健康と健やかな成長を願い贈られており、あなたの守り神のような存在です。送った人の強い念が込められており、あなたに起こる災いなどを身代わりになって受け止めてくれます。だからこそ、年に1度はなからず箱から出して飾ってあげましょう。飾っている間は、「ありがとう、いつもキレイだね」などと声をかけてあげて。ひな祭りが終わって片づけるときは、顔を綿など柔らかいものでくるみ、丁寧にしまってあげましょう。そのときも感謝の気持ちを忘れずに!

02 桃が入ったものを飲む

女性からの嫉妬や恨みを祓える!

桃を食べることで邪気が祓え、長生きができると言われています。また、桃は特に女性がらみの邪気を祓うパワーが強いとも言われているので、人間関係の悩みがある人にもおすすめ。浄化の力が強いお酒と一緒に飲むことで、パワーが倍増するので、桃花酒や桃のリキュールを使ったお酒を飲みましょう。白酒に桃の花びらを浮かべて飲むのも◎。アルコールが飲めない人は、ピーチティー等でもOKです。
27 件

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事