andGIRL

元は収穫祭だから新米がキーワード!11/23勤労感謝の日に運気をアップする方法 のメイン画像

新嘗祭ってどんな日?

日本書紀の時代から続く収穫祭

11月23日は、新嘗祭とよばれる祭日です。宮中では、稲の収穫を祝い、翌年の豊穣を祈願するため、天皇が天照大御神(あまてらすおおみかみ)をはじめとするすべての神々に初穂をお供えし、自らも新米を食べるという儀式を行っています。

その歴史は古く、日本書紀にも677年に天武天皇により新嘗祭が行われた記載があるそうです。ただ、戦後はGHQの政策により、天皇や皇室と関わる行事が国民の生活とは切り離されたため、11月23日は勤労感謝の日とされました。

Check!11月23日に開運するためには新米がキーワード!

米には浄化パワーや金運アップの力がある!

新嘗祭が五穀豊穣を祝うお祭りだけあり、11月23日の開運には新米が欠かせません!昔の人は、稲には「稲霊(いなだま)」という精霊が宿っていて、米には邪気を払い、清めるパワーがあると考えていました。だから、お清めの際は日本酒を使ったり、お祝い事には米の炊いてから固めた餅を使うのです。

また、昔は年貢といって米で税金を納めていたことからもわかるように、米=お金でした。そして、稲穂の黄金色の色はお金をイメージさせます。そのことから、米は金運と大きな関わりがあるとされています。
23 件

あわせて読みたい

関連記事