andGIRL

酉の市は金運アップや商売繁盛にご利益アリ!江戸時代から続くお祭りで開運する方法 のメイン画像

酉の市って何?

毎年11月の酉の日に行われる開運、商売繁盛のお祭りです

酉の市は、毎年11月の酉の日に、鳥にゆかりがある寺社で行われるお祭りです。そのいわれは諸説ありますが、酉の市で有名な東京浅草にある「鷲神社」の社伝によると、ヤマトタケルが東夷征討に行く前に鷲神社に立ち寄って征討に成功したあと、帰りにお礼参りをした日が11月の酉の日だったため、この日をお祭りの日としたそうです。

鳥の神様は、鷲大明神(おおとりだいみょうじん)または天日鷲命(あまのひわしのみこと)と呼ばれています。開運や商売繁盛の神様とされていて、酉の市も開運や商売繁盛にご利益があると言われています。今年は、11月1日(木)、11月13日(火)、11月25日(日)が酉の日にあたります。

Check!酉の市で開運する方法

01 熊手を買う

毎年大きなものへとバージョンアップさせるのがポイント

酉の市といえば、「熊手」です。酉の市を開催する寺社では、米俵や小判、鯛など、縁起の良いものをつけた熊手が売られています。この熊手を購入し、自宅や会社に飾ることで運気がアップ。

熊手は鷲が爪を広げて獲物を掴む姿に似ているため、「運や幸福を鷲づかみにする」という意味があるようです。熊手は毎年買い替え、その度ごとに大きくすることでご利益がアップします。いきなり大きなものは選ばず、初めて購入する年は、いちばん小さなものから購入しましょう。
20 件

あわせて読みたい

関連記事