andGIRL

悩める大人ニキビの原因と効果的なスキンケアについて皮膚科医が回答!アラサー世代におすすめのニキビケアコスメは? のメイン画像

Check!お話を聞いたのは…友利新 (ともりあらた)先生

Profile

医師(内科・皮膚科)。クリニックに勤務する傍ら、医師という立場から美容と健康を医療として追求し、美しく生きるための啓蒙活動を雑誌・TV などで展開中。2004年第36回準ミス日本という経歴をもち、その美貌から説得力のある美と健康に関する著書多数。YouTubeチャンネル『友利新/医師「内科・皮膚科」』は登録者数40万人以上。

01 大人ニキビができる原因とは?

「大人ニキビも思春期のニキビも、毛穴に皮脂が詰まりアクネ菌が集まってきて炎症が起こるという仕組みは一緒。思春期は成長ホルモンにより皮脂分泌が活発なため、皮脂が詰まりやすく、対して大人の場合は生活習慣の乱れなどで肌のターンオーバーが停滞し、角質が厚くなることにより皮脂が毛穴に詰まりやすくなります。また、生理前や偏った食事、睡眠や運動不足などのストレスにより分泌が増える、コルチゾール(通称ストレスホルモン)が、皮脂腺を刺激することも大人ニキビの原因になっています」(友利先生)

原因1:ターンオーバーの乱れ

年齢を重ねると肌の水分量が減少。肌表面の角質が硬くなり、毛穴が詰まりやすくなります。肌のターンオーバーが乱れたり、足りない潤いを補おうとして皮脂が過剰になったり、バリア機能の低下を引き起こすことも、ニキビの発生や悪化に関係しています。また、ターンオーバーの乱れは毛穴詰まりの原因にもなるため、角質ケアと保湿をすることでターンオーバーの乱れを整えることが大切です。

原因2:生活習慣の乱れ

偏った食事、睡眠や運動不足といった、生活習慣の乱れは、肌のターンオーバーが乱れ、ニキビを引き起こす原因に。また、糖質や脂質の多い食事を続けていると、皮脂量が増えてニキビを招くことが!

原因3:ホルモンバランスの乱れ

ストレスや生理周期の影響でホルモンバランスが崩れると、皮脂量が増えたり、肌の代謝が悪くなり、ニキビができやすくなります。女性の場合、排卵後から月経前にニキビができやすいのは、黄体ホルモンの影響で皮脂分泌が活発になるからだそう。

原因4:マスクによる皮膚の温度上昇

コロナ禍でマスク必須のライフスタイルとなった今、大人ニキビに悩む人が増えています。その原因は「マスクをしていることで皮膚表面の温度が上がり、皮脂分泌が過剰になってしまうことと、マスクの摩擦を抵抗しようとして角質が厚くなること」という友利先生。予防策は、マスクをつける時間をなるべく減らして、ニキビケアに効果的なスキンケアをおこなうことが大切!

Check!大人ニキビは化粧品でケアできる?

「炎症を抑える薬用タイプのものもありますが、あくまで化粧品の役割は“ニキビができにくい肌”に整えること。ニキビができると“皮脂を抑えなければ!”と思いがちですが、大人ニキビの原因は保湿不足という場合も多く、まずは正しい洗顔で肌を清潔にして、スキンケアはニキビの元となりにくい処方のものを選ぶべき。できてしまったニキビは化粧品では治せません。とくにニキビが赤くなってしまったり、広範囲に広がっているなどの場合は早めに皮膚科を受診してください」(友利先生)

02 大人のニキビケアに効果的なコスメの選び方をチェック!

ノンコメドジェニックテスト済みの製品を選ぶ

まずチェックしたいのは、ニキビの元になる〝コメド〟という、皮脂の塊ができにくい処方がされているか。皮脂の塊にニキビ菌は集まってくることから、ニキビの初期段階である〝コメド〟をつくらないようにすることがとても重要!

有効成分や、整肌成分をチェックする

ニキビを防ぐ有効成分が配合されているかもポイント。代表的なものは、肌を整える「ビタミンC誘導体」、荒れを防いで健やかに保つ「グリチルリチン酸ジカリウム」、「グリチルリチン酸ステアリル」、「アラントイン」などが挙げられる。ほかにニキビの元になる過剰な皮脂の対策として、肌を引き締める成分「コハク酸」「クエン酸」などの有機酸、「硫酸亜鉛」「酸化亜鉛」などの金属塩、タンニンなどを含む「アロエエキス」「サルビアエキス」「ハマメリスエキス」などの植物抽出も有効です。

保水力のあるものを選ぶ

「肌の潤いを保つことも大人ニキビの予防には重要ですが、油分が多いタイプなら過剰に補う必要はありません。自分は脂性肌なのか乾燥肌なのか見極めることが大切」という友利先生のおすすめは、「セラミド」、「ヒアルロン酸」、「ヘパリン類似物質」などの、水分を引っ張って保持する働きを持つ成分が入っているコスメ。

03 アラサー世代におすすめのニキビケアコスメをご紹介!

ニキビに悩まされない健やかな肌を手に入れるためには、ニキビケアに特化したコスメでケアするのが近道。もともとニキビができやすいと感じているのなら、ライン使いを日常的取り入れることをおすすめします。

d プログラムのアクネケアシリーズ

独自の美肌菌処方でニキビがちな肌をケアする薬用化粧水

01 d プログラム アクネケア ローション MB[医薬部外品]

125ml ¥3,740/資生堂インターナショナル

たっぷりのうるおいが角層にすーっと浸透し、きめを整え毛穴が目立たない肌へ導く化粧水。メラニンの生育を抑制、ニキビのもとになりにくい処方も。敏感肌に嬉しい低刺激設計。

美肌バリアを整えうるおいキープする薬用乳液

02 d プログラム アクネケア エマルジョン MB[医薬部外品]

100ml ¥4,070/資生堂インターナショナル

美肌菌の処方がニキビや肌荒れを防ぎ、ベタつきがちでニキビ跡が気になる肌もなめらかにケア。敏感肌に嬉しい低刺激設計。酵母エキスなど保湿成分配合。

跡が残りやすい大人ニキビを防ぐ透明ジェル美容液

03 d プログラム ACリセット[医薬部外品]

10g ¥2,750/資生堂インターナショナル

ニキビをスポット使いで速攻ケア。ニキビ跡を防ぎながら毛穴まわりの皮膚を保湿して、なめらかで透明感のある肌に導く美容液。パラベンフリー、アルコールフリーの低刺激設計。

ドクターシーラボのアクネレスシリーズ

繰り返す大人ニキビを防ぎ、うるおいで満たす薬用化粧水

04 ドクターシーラボ 薬用アクネレスローションEX[医薬部外品]

150ml ¥3,080/ドクターシーラボ

サリチル酸とグリチルリチン酸2Kというダブルの薬用有効成分がニキビや肌荒れを防ぎ、炎症を抑えて肌を清潔にキープ。植物エキスが肌表面をなめらかに整える。オイルフリー処方、ノンコメドジェニックテスト済み。

大人ニキビの予防・改善・跡ケアを叶える薬用保湿ゲル

05 ドクターシーラボ 薬用アクネレスゲルEX[医薬部外品]

80g ¥4,620/ドクターシーラボ

大人ニキビの最大の原因であるバランス乱れに着目し、本来の肌周期の崩れ、角質と毛穴詰まりにアプローチ。ベタつかないオイルフリー処方で使いやすい。ノンコメドジェニックテスト済み。

メイクの上からでも使える薬用ニキビ予防集中美容液

06 ドクターシーラボ 薬用アクネレスクールセラム

30ml ¥3,630/ドクターシーラボ

有効成分のサリチル酸、グリチルリチン酸2Kが大人ニキビを集中ケア。角栓をケアし、女性特有のバランスを整え、肌の土台崩れを防止。水分を補い油分とのバランスを整える。ユーカリの香りも心地いい!

ニキビ菌を殺菌、皮脂をコントロールする濃密泡の薬用ソープ

07 ドクターシーラボ 薬用アクネレスソープEX[医薬部外品]

100g ¥1,980/ドクターシーラボ

薬用有効成分が肌を清潔に保ち、ニキビを予防。薬用炭を配合し、毛穴の奥の余分な皮脂や汚れ、古くなった角質をすっきりオフ。キメ細かい泡立ちで、荒れた肌にもやさしく、洗い上がりはしっとり。

オルビスのクリアシリーズ

有効成分を毛穴の奥まで届ける薬用×浸透型の化粧水

08 オルビス クリアローション[医薬部外品]

180ml ¥1,650/オルビス

グリチルリチン酸2Kをはじめとする有効成分が、ゴワついた肌にもぐんぐん浸透し、ニキビの根幹にアプローチ。バリア機能を保ちながら、荒れにくい肌へ導く。べたつかない高保湿。さっぱりとしっとりの2タイプあり。

外的ダメージから保護し、バリア機能を保つ保湿液

09 オルビス クリアモイスチャー[医薬部外品]

50g ¥1,700/オルビス

ニキビをくり返して硬くなった肌を、網目構造の保水膜でケア。べたつかない高保湿でうるおし、やわらかいハリ肌へ。乾燥などの外的ダメージから肌を守り、ニキビを防ぐ。

大人ニキビの進行を防ぎ、集中ケアする薬用エッセンス

10 オルビス クリア アクネ スポッツ[医薬部外品]

20g ¥1,320/オルビス

アンズ果汁が毛穴づまりを防ぎ、イオウ、グリチルリチン酸ジカリウムなどの薬用成分を浸透させる処方。気になる部分にピタッと密着する半透明ジェルタイプだから、メイクの上から使っても目立たないのが嬉しい!

モチモチ泡が汚れを吸着し、肌の土台を整える洗顔料

11 オルビス クリアウォッシュ[医薬部外品]

120g ¥1,430/オルビス

肌のバリア機能を保ちながら、ヘタらない濃密泡がやさしく毛穴詰まりを除去。有効成分が浸透しやすい肌に整える、ニキビケアのファーストステップに◎。

ニキビ肌をいたわりながらメイクをしっかり落とすクレンジング

12 オルビス クリア ディープ クレンジング リキッド[医薬部外品]

150ml ¥1,650/オルビス

ニキビの原因となる毛穴の詰まりとメイク汚れに密着、しっかりオフするリキッドクレンジング。肌への摩擦を軽減させる厚みのあるテクスチャーで、荒れがちな肌もやさしく洗い上げる。

04 アラサー女子がニキビケアのために見直すべき習慣とは?

普段の生活でついやってしまうことを見直すことで、大人ニキビは劇的に改善することも。肌の上だけのトラブルととらえずに、毎日の生活を楽しみながら、健やかな肌を目指しましょう!

肌をこすらない

スキンケアは丁寧に、極力肌をこすらないように。摩擦が刺激となって肌表面が硬くなり、毛穴がふさがりやすくなってしまいます。洗顔やクレンジング時に気をつけることはもちろん、化粧水や乳液などを塗布する際もやさしくなじませることを心がけて。

ニキビに触れない

ニキビができると気になってつい触れてしまいがちだけど、手には見えない雑菌がたくさん。その手でほかの部位に触れてしまうと、さらにニキビが増えてしまう悪循環に。無意識に顔を触る癖がある人はとくに注意して。

寝具は常に清潔に

ニキビの発生につながる雑菌の繁殖を防ぐため、枕カバーなどの寝具は清潔に。頻繁に替えることが難しい場合は、タオルを敷いて毎日交換するなど工夫してみて。

栄養バランスのとれた食事を心がける

脂質の分解を助け代謝を促すビタミンB群は、豚肉やレバーなどの食材で積極的に摂りたい。できてしまったニキビを跡にさせないためには、「ビタミンC」「リコピン」「アスタキサンチン」などの抗酸化成分が有効。ブロッコリーやトマト、鮭などで美味しく摂取したい。

質のよい睡眠と適度な運動を

大人ニキビはからだの状態が反映されることが多いため、めぐりをよくする生活を心がけて。毎日できる簡単なストレッチを取り入れたり、寝る前のスマホやパソコンを控えるなど、できることから始めてみて。

アラサー世代のニキビはスキンケア&インナーケアを見直して撃退!

大人ニキビはさまざまな要因が絡んでいるため、スキンケアとインナーケアの両方を見直すことが大切です。まずはコスメを見直して、健やかな肌を手に入れましょう♡

取材・文/叶野愛

Keywords

この記事に関連するキーワード

関連記事

Keywords

この記事に関連するキーワード