andGIRL

人気ヘアメイク・長井かおりさんが教える〝メイク道具の簡単お手入れ術〟まとめ のメイン画像

01 スポンジ・パフは、洗浄液に浸してもみ洗い

お手入れ方法(スポンジ・パフ共通)

①ボウルや洗面器の中にぬるま湯と、中性洗剤や天然由来成分100%の「マジックソープ」などのクリーナーを少量入れ、混ぜて洗浄液を作る。

②スポンジやパフを洗浄液に数分間浸した後、もみ洗いする。

③水に色が出なくなったら、優しく絞って乾燥させる。

スポンジは両面が汚れたら洗って!

リキッドファンデやクッションファンデが付いて濡れたスポンジの面は繰り返し使用せず、汚れていないところを使いましょう。両面が汚れたら洗います。

パフは粉含みが悪くなったときが洗うタイミング

パフの全面が汚れてふわふわ感がなくなったときや、粉含みが悪くなってきたときが洗うタイミングです。

02 メイクブラシは手のひらでブラシの毛を摩擦させて洗い、毛の流れを整えて乾かすと◎

お手入れ方法(すべてのブラシ共通)

①ボウルや洗面器にぬるま湯を入れ、中性洗剤などを垂らして混ぜる。おすすめは、肌に優しいドクターブロナーの「マジックソープ」。

②洗剤液の中にブラシを数分浸した後、手のひらを洗濯板のようにして、ブラシの毛の部分を摩擦させながら洗う。

③毛の流れを整えるように水分を絞った後、しっかり乾かす。

フェイスブラシは毛のふんわり感がなくなる前に洗う

フェイスブラシを洗うときは、一定の向きで払うようにすること。逆毛を立てるように逆側からなでるようにすると、毛が傷んだり、乾いた後に絡まったままになってしまうので要注意!

毛のふんわり感がなくなったり、束になって湿っている感じになってからだと手遅れになるので、そうなる前にこまめに洗うことがポイントです。

チークブラシは色が出なくなるまで入念に洗って!

チークブラシは、毛の中に入り込んだ赤い色素が出てこなくなるまで入念に洗いましょう。フェイスブラシ同様、毛を立てすぎないように注意します。毛のふんわり感がなくなったり、毛が束になって湿っている感じになる前に洗ってください。

リップブラシは1度使ったら洗うことを心がけて!

リップブラシは、ブラシの中に入った口紅の色が取れ、油分がなくなるまできちんと洗い流しましょう。リップブラシはナイロン毛で丈夫なものが多いため、両サイドから圧をかけて摩擦しても問題ありません。1度使ったら洗うのが理想!

眉ブラシは毛やホコリをこまめに取って!

ブラシとスクリューブラシが一体になった眉ブラシは、特にスクリューブラシ側に毛やホコリが付くことが多いので、こまめにお手入れして。ブラシの部分は、硬く固まったり、パウダーが毛の中に溜まって、本来のサイズより膨らんでしまったりする前に洗いましょう。

03 アイシャドウチップは、使用するたびにティッシュで拭くと長持ちする!

お手入れ方法

①スポンジやブラシ同様、ボールや洗面器に作った洗浄液の中に入れて数分間浸け置きしてから洗う。

②手のひらを洗濯板のように使い、上下に移動させて擦り洗う。

③しっかり水分を絞ってから乾かす。

アイシャドウチップは表面が破れたり、硬く固まる前に洗うのがベスト。使用するたびに、ティッシュで優しくパウダーを拭いてからポーチにしまうようにすると長持ちします。

04 ヘアブラシとミラーは、使ったらすぐに毛やホコリを取り除いてキレイな状態をキープ!

ヘアブラシ・ミラーのお手入れ方法

ヘアブラシ
使用した後に挟まった毛を毎回取るように心がけると、キレイな状態が長続きする。ブラシの間に髪の毛がたくさん絡まってしまったら、ヘアグッズブランド「マペペ」の「ヘアブラシクリーナー」を使って取り除く。

ミラー
使用後すぐに拭く。メガネ拭きを使うと、ホコリが表面に付かず、汚れもスッキリ落とせる。

05 化粧ポーチはウェットティッシュと乾いたタオルで拭いてしっかり乾かして!

化粧ポーチのお手入れ方法

①化粧ポーチの中に入っているコスメをすべて出し、ウェットティッシュなどで拭く。

②ポーチの内部を表に出し、中にたまったホコリやゴミを取り除いたら、クレンジングウォーターを含ませたティッシュで内側を拭き取る。

③さらにウェットティッシュで拭き取る。

④最後に、乾いたタオルやガーゼで拭く。コスメブランド「THE PUBLIC ORGANIC」のピローミストを吹きかけてからしっかり乾かすと、ニオイケアもできる。

メイク道具のお手入れを習慣化してキレイを手に入れよう♡

メイクの仕上がりに大きな影響を与えるメイク道具のお手入れ。日頃からこまめにお手入れすることで、清潔に保つことができるうえ、お気に入りのアイテムが長持ちしたり、メイクノリが良くなるなど、とにかくいいことずくめ!長井さんが教えてくれたお手入れ方法は、基本的にどのアイテムも同じで浸け置き洗い。一気にお手入れできちゃうので、ぜひ習慣化して。清潔なメイク道具を使って、キレイを手に入れましょう!

教えてくださったのは・・・ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん

雑誌を中心にビューティーページを多数担当。好感度メイクに定評があり、連載も多く担当している。取り入れやすく、わかりやすいテクニックに人気があり、著書も多数出版。最新の著書「世界一わかりやすいメイクの教科書」(講談社)が大好評発売中。

取材/andGIRL編集部 文/水浦裕美

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事