andGIRL

大人メイクのお悩み解決術♡メイク上手になるテクニック&お役立ちアイテム一気見せ! のメイン画像

色の濃さ」がわかりませ〜ん


チークが濃くなりがち。そもそもほどよい濃さってどれくらい?

写真で見て〝適正〟だとリアルでは濃くなりがち!

写真は盛れるけどリアルでは濃い!

リアルでは写真にはほぼ写らないぐらいが◎!


キャンメのブラシ」と「
なで塗り」でほどよい濃さに調整しやすくなります!

写真に撮ったときに色がしっかりわかるチークは、リアルで見ると濃すぎ。毛足が長く、色が濃くつきすぎないキャンメイクの付属ブラシを使い、なでるように塗るぐらいがちょうどいい!

筆に取ったら1度粉をはらうこと!

チークをブラシに取り、手の甲orティッシュにポンポンと当てて余分な粉をオフ。頬の高いところから放射状に伸ばします。ブラシは寝かせず、先端でやさしくなでるようにオン。

キャンメのブラシがめちゃ優秀!

キャンメイク パウダーチークス PW43 ¥550/井田ラボラトリーズ
毛足が長く柔らかなブラシ。付属品でこのクオリティはかなり優秀!チークも肌なじみバツグンです。


シェーディングしても変わった気がしない

〝カゲ〟だから、
わからないぐらいでいいんです

そもそもシェーディングは主張させないのが大前提!ついているかわからないぐらいの濃さでも、顔のアウトライン全体に軽くカゲをつけるだけで、奥行きが出て立体感のある小顔が手に入ります!

薄〜くのせるだけで、こんなに変わる!

マスコミ関連会社勤務・andGIRL mates 齊藤彩さん(31歳)

Check!How to

シェーディングをブラシに取り、手の甲やティッシュで余分な粉をはらったら、顔周り全体にジグザグとブラシを動かしながらオン。2〜3周させて。

自然なカゲを作るにはマットタイプが適任

キャンメイク シェーディングパウダー 01 ¥680/井田ラボラトリーズ
肌色を選ばないイエローブラウン。

不器用だから?なんか上手くできないからテクを教えて!


眉毛がないところを描くと不自然に見える・・・


ペンシル+ボカシの2段階で自然なふんわり眉が作れます!

毛がない分しっかり色をのせようとすると、結局ぺったりとした不自然眉になっちゃいます。ペンシルで1本1本描き足す→ブラシでしっかりボカす。この2STEPがふんわり眉作りの鉄則と心得て!

1. ペンシルで描く

2. ブラシでボカす

まずペンシルで毛がない部分を描き足します。輪郭を縁取ろうとせず、必ず1本1本描くこと。次に毛足の長いブラシに眉パウダーの濃い2色を混ぜて取り、毛が乱れるぐらい大胆に、左右に動かしてボカします。最後に毛流れを整えて。

ケイトの眉ブラシがめちゃ優秀!

ケイト デザイニングアイブロウ 3D EX-4 ¥1,100(編集部調べ)/カネボウ化粧品
ブラシがかなり使える!毛足の長い方はボカシに、斜めカットの方はエッジを整えるのに◎。
185 件

あわせて読みたい

関連記事