andGIRL

洗顔を見直すと肌が見違える!美容家が教える泡立て方や洗い方、すすぎ方のポイント のメイン画像

多数の読者が証言!洗顔って自己流だし、〝正しい洗い方〟ってよくわからな〜い

BUT!正しく洗えていないとこんな肌に!

摩擦・刺激を与えまくりの〝洗いすぎ顔〟

  • 色素沈着
  • 乾燥
  • 敏感
  • たるみ
ゴシゴシ洗うと摩擦で色素沈着を起こすし、必要な潤いまでごっそり取ってしまい乾燥や敏感肌の原因に。結果、「保湿しているはずなのに乾く」肌になっちゃいます。さらに、そんな洗い方を繰り返していると、毛穴も広がるし将来的にはたるみ顔に!

適当or摩擦の恐怖で〝洗わなさすぎ顔〟

  • ブツブツ・ニキビ
  • くすみ
  • ゴワゴワ
生え際やフェイスラインなどがきちんと洗えておらず、ニキビができている人が結構多い!さらに、「泡で洗う」に固執するあまり、顔に直接手で触れることなく泡をフワァ〜とのせるだけだと汚れが完全に落ちないから、肌はくすんでゴワつく一方!

教えてくださったのは

美容家・トータルビューティーアドバイザー 水井真理子さん
豊富な美容知識とわかりやすいテクで大人気。肌を見ただけで、その人のスキンケアやライフスタイルまで見抜いちゃう!

洗顔を見直せば、肌は変わるし透明感もUP!

「今はみんな両極端で、洗わなさすぎ&洗いすぎのどちらかに偏っています。それぞれに弊害があり、洗わないと肌がゴワゴワして化粧品の浸透も悪くなります。本来は毎日の洗顔で汚れを落とすべきなのに、普段は無頓着、週末はスペシャルケアでゴシゴシ洗いという人も多いですね。また、強くこすったり熱いお湯ですすいだりしていると、肌のバリア機能が壊れて乾燥を招きます。洗顔の役割はクレンジングで落としきれなかった油分や皮脂、不要な角質を取って肌の透明感を出すこと。正しい洗い方を身につければ、肌は確実にモッチリしっとりします!」(水井さん)

「正しい洗い方」を覚えれば、洗った直後から肌が変わります!

泡の作り方から手の動かし方まで、水井さんが正しい洗顔方法を細かくレクチャー。我流を捨てて、基本こそ丁寧に!って意識を持つだけで、素肌力は高まります!

ちなみに・・・ライターH場も編集N村も肌が変わったって実感!

教えてもらった通りに洗顔したら、モチッとするし肌も明るくなるしで、直後から「いつもと違う!」って実感。今までちゃんと洗ってるつもりだったけど、反省しました・・・。

01 泡立て方・・・水分を多く含んだゆるゆる泡を作ること!

最初に手を洗って汚れや油分を流す

清潔な手で洗わないと、せっかくの洗顔効果は半減!「手にハンドクリームなど油分がついていると泡立てにくいので、洗顔料を取る前にまず手を洗いましょう」(水井さん)

説明書通りの量を出して水を含ませながら泡立てる

「目指すのは硬い弾力泡ではなく、キメ細かく柔らかな泡。泡に水気がある方が肌なじみもよく、洗い流しやすくなります。てのひらにくぼみを作り、ぬるま湯を加えながら泡立てて」


洗顔ネットって使った方がいいの?

どちらでもOK。

ネットを使う場合も水をしっかり含ませること!

Check!WARNING!

チューブの口は清潔にしておかなきゃダメ!

「洗顔料などがこびりついたままになっていると、雑菌が繁殖しやすくなり肌荒れの原因に。汚れたらちゃんとふき取って清潔にしておくこと。特にお風呂場に置きっぱなしの人は注意して」

ペーストが残った状態で肌にのせちゃダメ!

洗顔料は完全に泡立てること!「ペーストが残っていると顔の上で泡立てることになり、すすぐ回数も多くなるので余計な刺激に。乾燥の原因にも」

泡立て完成!

Point!

  • 水分多めのゆるゆる泡が◎!
  • 泡の量はてのひらのくぼみに乗るぐらいが目安
泡の量はくぼみいっぱいになるのが理想。モッチリ泡ではなく、ゆるゆるの泡を作って!「同じ洗顔料でも硬い泡より柔らかな泡の方が優しく洗えて、洗顔後もつっぱりません」 
86 件

あわせて読みたい

関連記事