andGIRL

ムーミンと出会えるフォトジェニックな「ムーミンバレーパーク」へ実際に行ってみた のメイン画像

「ムーミンバレーパーク」とは?

Check!森と湖に囲まれた広大な自然の中に、ノスタルジックな 「ムーミン」の世界観を再現!

フィンランドの小説「ムーミン」の物語を題材にしたテーマパーク。まるでムーミン谷に迷い込んだような空間をお散歩しながら、「ムーミン」の物語に触れたり、小説から出てきたようなお屋敷を探検したり、キャラクターたちと触れ合ったりできる施設&アトラクションがたくさん!もちろん北欧気分を堪能できるレストランや屋台、グッズやお土産を購入できるショップもアリ。デートでも女子同士でも、ファミリーでも1日中楽しめる異空間です♡

早速園内へ!アラサーガール的「ムーミンバレーパーク」の楽しみ方をご紹介

01 本のゲートをくぐり抜けて物語の中へトリップ!

ムーミン、スナフキン、ムーミンママ、ムーミンパパの巨大絵本がズラリ。4つの切り絵をくぐり抜けて、いよいよ物語の中に入っていきます。のっけからフォトジェニックな巨大絵本に美有さんも『可愛い〜』を連発。ちなみに今日のファッションは、スナフキンを意識したグリーンを差し色にしたガールカジュアル♪足元はスニーカーでアクティブに、歩く気マンマンです!

02 マストなスポット&アトラクションをチェック!

まるでムーミン一家の一員になったみたいな気分に♪

Muumitalo(ムーミタロ):ムーミン屋敷

原作を忠実に再現したムーミン屋敷。北欧から実際に買い付けたアンティークな調度品が素敵すぎます。ムーミンのお部屋や、ファンも多いリトルミィのお部屋など、そのクオリティーは一見の価値あり!ガイドさんによるエピソードトークや、各部屋の仕掛けを楽しみながら見学できます。※チケット料金:¥1,000

湖に浮かぶ、絶好の写真映えスポット!

Uimahuone(ウイマフオネ):水浴び小屋

冬の間、トゥーティッキが暮らす水浴び小屋を再現。原作ファンのカメラマンも「クオリティーが高い!」と大興奮!マストな撮影スポットゆえ並び必至なので、早めにチェックがオススメ。

リトルミィのいたずらに巻き込まれちゃうかも!?

Pikku Myyn leikkipaikka(ピックムーン レイッキパイッカ):リトルミィのプレイスポット

リトルミィが繰り広げる可愛いいたずらの世界を楽しめるゲスト参加型シアター。リトルミィのいたずらに巻き込まれて、アナタもシアターに登場しちゃうかも!?   ※チケット料金¥700 

若き日のムーミンパパと一緒に大冒険!

Merenhuiske(メレンフイスケ):海のオーケストラ号

「ムーミンパパの思い出」をモチーフに、物語に登場する「海のオーケストラ号」に乗り込んだ気分で一緒に冒険!壁面や床面のファンタジックな映像投影に加えて、立体の造形物も登場、風や水も体感できる日本初のモーフィングシアターです。※チケット料金:¥1,000

実際に動くキャラクターに会える劇場!

Emma teatteri(エンマ テアッテリ):エンマの劇場

主要キャラクターが登場するライブエンタテイメント劇場。公演回数は1日3回。無料で誰でも観劇できます。運が良ければグリーティングもできちゃうかも!?

03 展示施設「コケムス」で巨大ジオラマやアートに触れて

施設前の広場にはムーミンと一緒に撮れるオブジェが♡

ムーミンが持っているお花は毎日変わるんだって!

エントランスの壁面には隠れキャラが77個も!

こんな所にスナフキンのシルエットが!こういう隠れキャラ探しって楽しいよね♪園内のランプにもキャラが隠れているので、見つけてみて。 

8m超えの巨大ジオラマがとにかくスゴイ!

ムーミン谷に訪れるできごとや季節の移り変わりをプロジェクションマッピングや照明を使って演出。15分ごとに訪れる光の演出がとてもキレイなので、一見の価値あり!この他、一緒に写真を撮ることができるフォトプロップスや小説の挿絵など、物語の魅力をたっぷりと味わうことができます。

04 園内すべてが映え!!可愛い壁でオシャレ写真を撮り放題!

素朴なイラストもアトラクションの看板も、いちいち可愛い!

© Moomin Characters™
83 件

あわせて読みたい

関連記事