andGIRL

「“俺”をいちばんにしてあげる」神崎恵が語る長続きする恋愛の極意 のメイン画像
andGIRL10月号より
『神崎恵のPrivate Beauty Book』がオリコンランキングの美容・ダイエット部門で週間1位(08月17日付)を獲得するなど、美のカリスマとして多くの女性から支持を得ている美容研究家・神崎恵さん。今回はメイクではなく、恋愛の極意を聞きました。
*  *  *
私、恋愛は車の運転と同じだと思うんです。運転しているとき「前から来るかも」「こっちのほうの方が近道かも」って考えるのと同じように、恋愛も「こうしたら、相手はこう思うだろうから、こうやろう」と妄想力を働かせながら、瞬発的に動くことが大切。
そして、「幸せにしてほしい」より「相手を幸せにしてあげる」っていうスタンスの方が幸せになれると思います。「ほしい、ほしい」ばかりだと、期待が裏切られたとき落ち込んだりして悪循環だから。
何十年も仲良くしているカップルを見ると、やっぱり相手を心地良くさせるのが上手。私はとにかく相手をホメまくります。思っているだけじゃダメ、口で言わないと、“俺”をいちばんにしてあげる。いつでも「あなたなしでは、いられません」と伝える。
そういう相手を気持ち良くさせるためのさりげないエスコートを心がけてますね。あと、2人の時間に投資をすることも大事。何かをあきらめてでも、父親でも母親でもない時間を持ってお互いを見つめ直すことで、ずっと男と女でいられると思います。
※『andGIRL』2015年10月号

あわせて読みたい

関連記事