andGIRL

2PM Jun. K「一度好きになったら……」純粋すぎる恋愛観とは? のメイン画像
andGIRL12月号より
11月25日発売のアルバム『LoveLetter』で、すべてを作詞・作曲・プロデュースした2PMのJun. K。タイトル通り“恋愛”をテーマにした楽曲ですが、彼自身はどんな恋をして、これらの曲を仕上げたのでしょう。恋愛観に迫ります。
*  *  *
僕は、心を込めて相手に尽くすタイプです。いつも大事にしているのは、正直であること。自分の生き方に責任を持つこと。何があっても相手を信じること。
「恋愛は駆け引きだ」と言う人もいるけど、僕にはそれができない。一度好きになったらプライドなんて二の次で、心を全部捧げてしまう。
だから傷つくことも多いですが、アルバム曲『Love Letter』の主人公とは違って、悔いなく貫いた恋ならたとえ終わりがきても長く引きずったりはしない。
好きなタイプは、自分の仕事を一生懸命がんばっている人。家族を大切にする人。そして、笑顔の美しい人です。外見よりも、その人の中身を知ることで興味を持つタイプなので、ひと目ボレはないかな?
『andGIRL』12月号では、『LoveLetter』のコンセプトや思い入れをはじめ、影響を受けた音楽も語っています。
andGIRL12月号より
※『andGIRL』2015年12月号

あわせて読みたい

関連記事