andGIRL

コロチキの「やっべぇぞ!」はギャル男の口癖が元ネタだった! のメイン画像

――卓球ネタはどうやって生まれたんですか?

西野「YouTubeでアニメソング特集を見てたら、surfaceさんの『さぁ』が流れて、この曲に合わせて卓球のサーッサーッ言ったらおもろいなと」
ナダル「ところが、ライブでやったらウケなくて。西野は1回スベったら二度とやりたがらない。主導権は西野にあるんでしばらく黙ってましたけど、絶対おもろいっていう確信があったから、初の単独ライブで『あれやろ』ってお願いしたんです」
西野「で、しぶしぶ練習してたら、アドリブであのピーンって伸びるポーズができて」
ナダル「ライブでやったら案の定ウケたんです」
西野「歌詞の『くれぃ〜』のところでピーンって伸びるんですけど、あれは鶴の『クレイン』とかけてるんだ。西野は10年に1人の逸材だ、みたいなことを言ってる人もいて。それとはかけてないねんけどなあって(笑)」
ナダル「ちなみに、それまで僕は声がおもろいってウケてたんですけど、卓球ネタでは顔芸もおもろいって言われるようになったんです」

――確かにナダルさんは声も顔も特徴があるので、西野さんもネタの作りがいがありますね!

西野「ホントそうです。僕がバイトしていたカラオケ店で、ギャル男のお客さんにメロンソーダを持って行ったら『やっべぇぞ!』と言い続けてて。これをナダルさんに言わせたらおもろいと思って、『やっべぇぞ!』ができたんです」
andGIRL4月号より
※『andGIRL』2016年4月号

あわせて読みたい

関連記事