andGIRL

冷凍ペットボトルで基礎代謝を上げる!“ブス”にならないためのお風呂テク のメイン画像

01 冷凍ペットボトル入浴 “温まりながら冷やす”で代謝がUP!

「お水の入ったペットボトルを冷凍し、入浴中に枕のように首に当てるだけ。首だけ冷やして30℃くらいの温度差を作ることで、脂肪を代謝する褐色脂肪細胞を活性化できるんです」(和田さん、以下同)
また、お風呂上がりにも冷凍ペットボトルが活躍するそう!
「お風呂から出た直後にやっても同じ効果が期待できます。その場合は首・肩甲骨・鎖骨周りに当てること。凍らせた保冷剤を使ってもいいですよ」
※『andGIRL』2016年6月号

あわせて読みたい

関連記事