andGIRL

【使ってみた】月に一度の憂鬱な「あの日」を快適に♡本当に楽なの?話題の吸水ショーツブランドまとめ のメイン画像

吸水ショーツって安心して使えるの?メリット・デメリットや使い方のポイントは?

ショーツ自体が液体を吸水することで”女の子の日”のわずらわしさが変わると話題の吸水ショーツですが、「本当に吸水してくれるの?」「漏れたり不快感はないの?」と不安に思う方も多いはず・・・実際に使用している人たちの感想を見てみましょう!

中3の娘の2日目の夜でも漏れません。 最初はナプキン以外は抵抗ありましたが、こちらの方が横漏れなど気にせず断然いいみたいです。

引用 : Bé-A〈ベア〉公式オンラインストア | 超吸収型サニタリーショーツ | その日であると、忘れられる一日に。 – Bé-A Japan

出掛ける際に荷物が減ったのも嬉しいですが、夜漏れて朝から凹んでいる事が多かったので、このショーツに出会ってから本当に毎朝快適です。

引用 : Bé-A〈ベア〉公式オンラインストア | 超吸収型サニタリーショーツ | その日であると、忘れられる一日に。 – Bé-A Japan

漏れない蒸れないで正直驚きました。 生理予定日はいつ来るのかといつもそわそわするのでナプキンをあてていますが、そんな時に限って遅れるしナプキンも無駄になる、、ということで試しに買ってみました。評価は最高の一言。

引用 : GU公式 | トリプルガードショーツ | ファッション通販サイト

油を排出させるサプリを飲んでいるため、生理のとき以外でもナプキンが手放せなかったんですが、これで解決。もう他のショーツが履けなくなりました。最初は確かにごわつきありますが、洗濯を繰り替えすことでごわつきも気になりません。

引用 : GU公式 | トリプルガードショーツ | ファッション通販サイト

口コミを見ていると、量の多い日は他の生理用品でフォローをしているという人も!1〜3日目で1~3日目の量が多く不安なときは併用、4日目以降や尿漏れなどが不安な日には吸水ショーツ単体で、など、柔軟な使い方ができるのが嬉しいポイント♡

お手洗いの後でまたショーツを履くのは抵抗がある・・・という場合は、トイレットペーパーで軽く拭き取ってから履くことをおすすめします。

気になるお手入れ方法は、軽く手洗いやぬるま湯につけ汚れを落とし、洗濯ネットに入れるだけ!あとはいつも通りの洗濯でOKなんです。もちろん手洗いでもOK!

アラサー女子におすすめ!吸水ショーツブランド4選

触り心地抜群で高コスパ!

01 UNIQLO(ユニクロ)/「エアリズム吸水サニタリーショーツ」

エアリズム吸水サニタリーショーツ/¥1,990
エアリズム吸水サニタリーショーツ/¥1,990

カラーはブラック、ブラウン、ダークグリーン、パープルの4色展開。サイズはXS〜3XL(※XS、XXL、3XLはオンラインストア限定サイズ)が揃っています!エアリズムの生地なので、なめらかな肌触りが特徴。マチ部分は2枚になっているので、ナプキンとの併用もしやすいです♡

速乾・抗菌防臭機能付きの素材、吸水シート、防水シートの3層構造で、最大30〜40mlの水分に対応してくれます。ワイヤレスブラとセットアップでも使えるので、普段使いできちゃうのも嬉しいポイント。

豊富なサイズ展開と試しやすい価格が魅力

02 GU(ジーユー)/「トリプルガードショーツ」

トリプルガードショーツ/¥1,490
トリプルガードショーツ/¥1,490

試しやすい価格が嬉しいGUのトリプルガードショーツは、XS~3XLまでサイズ展開が豊富(※XS、XXL、3XLはオンラインストアのみ販売)!カラーはブラック、ピンク、グリーン、ライトパープルの4色展開。

独自の3層構造で、15ml〜20mlをしっかり吸収!クロッチ部分は抗菌防臭機能付なので匂いも気になりにくいです。量が多い日はナプキンとの併用がおすすめ。

ダントツの吸水力でしっかりガード

03 Bé-A〈ベア〉/「ベア シグネチャー ショーツ 02」

ベア シグネチャー ショーツ/¥7,590
ベア シグネチャー ショーツ 02/¥7,590

約120ml(※1)の液体を吸水!国内の主な吸水型サニタリーショーツ13品において吸水量No.1(※2)という実力派♡ボクサータイプで太ももにもぴったりとフィットし、お腹もカバー。腹部の2枚重ねの生地がお腹を冷やさず守ってくれます。

サイズはXS〜3Lまで、横モレ防止テープつきでアクティブに動いても漏れにくい作りになっています。約150ml(※1)の吸水量を誇る「ベア ウルトラヘビー&ナイト ショーツ(¥8,690)」もあり、荷物を減らしたい旅行や交換する時間がない忙しい1日の強い味方になってくれます♡

※1公的検査機関のデータをもとに算出
※2日本に流通する主な吸水型サニタリーショーツ13品において(2021年4月 公的検査機関調べ)

心が華やぐデザイン性の高さに注目♡

04 Nagi(ナギ)

Nagi standard/¥6,105、 full/¥6,600、 slim/¥5,775、 sign/¥6,105

Nagiの吸水ショーツは何よりも豊富なデザインがポイント。吸水面が腰まであり、お尻全体をホールドしてくれるfull(吸水量約105ml)、ベーシックな形でシーンを選ばず使えるstandard(吸水量約60ml)、動きやすさ重視のslim(吸水量約20ml)から選べます。

カラーも豊富で、限定色のモーヴも含めるとなんと8種類のバリエーションから選べます。シーグリーンやアズキなど、生理の日でも気持ちが明るくなるカラーが嬉しいですね♡形によって吸水量が違うので、量が多い日、少ない日、たくさん動く日などシーンに分けて使いましょう!

女性のエンパワーメントをアップ!吸水ショーツで生理の日もおしゃれに♡

ナプキンやタンポンのように使い捨てることもなく、洗って使い回せるのでサステナブルとしても注目の吸水ショーツ。量の多さや予定に合わせて、ナプキンとの併用やブランドの使い分けもおすすめ。 筆者は紹介した4ブランド全て持っていますが、ナプキン代も節約でき、持ち歩いたり交換の時間を気にすることもなく、とても快適になりました。自分のライフスタイルや生理の悩みに合わせて、不安な人はまずナプキンとの併用から試してみて!

文/阿部仁美

Keywords

この記事に関連するキーワード

関連記事

Keywords

この記事に関連するキーワード