andGIRL

「上半身を脱ぐので…」PM ジュノがMV撮影の裏側をチラ見せ のメイン画像
リード曲でもある「DSMN」は、“Don’t stop me now”の意味で、「この曲が鳴っている3分間は誰も自分を止めることはできない。この音楽が自分を解放する」という内容。
「去年の『SO GOOD』が完璧に夏のイメージだとすれば、もう少し違う夏を表現したくて、走り続けているスピード感と、そのスピード感からくる爽快さを大事にしました。すごくノリのいい、ビート感のある音楽に仕上がったと思います。
日常の幸せはもちろんあるけど、ときにはルーティン化してしまった1日を退屈に感じ、逃げ出したくなる気持ちは誰の心にもあると思うんです。せめてこの音楽を聴いている間は自分自身を解放させて自由になってほしいという思いを込めて作った曲です」
ではジュノが日常から解放されるのは?
「やっぱり歌っているときと踊っているとき!ステージに上がっている瞬間が僕にとっては本当に大事で、コンサートは自分を解放できる唯一の時間であり、空間です。そして、コンサートを終えると平凡な日常に帰っていきます(笑)」
この曲のMVではボクシングをモチーフに鍛え上げられた非凡な肉体も披露。スピード感もさることながら、ファン垂涎のシーンが続出している模様。
「ボクシングは初めてじゃないけど、アクション俳優の方から現場で指導してもらい、動きを何度もリハ―サルして臨みました。それが女性をドキドキさせるか自分ではわかりませんが、上半身を脱ぐので体形管理のためにその日は朝から何も食べずに4、5時間リングの中で撮り続けていたので、お腹がすきすぎたあまり終わったとたん足がガクガク震えて……そこが一番大変でしたね(笑)」
※『andGIRL』2016年8月号

あわせて読みたい

関連記事