andGIRL

高梨臨にインタビュー!連ドラ『結婚相手は抽選で』の話と気になる新婚生活について のメイン画像

実は、現代社会に生きる個人の悩みや人生観などが、リアルに描かれています

独身男女が抽選によって強制的にお見合いをさせられる、というインパクト大のストーリーに早くも期待が膨らむ今作。「確かにぶっ飛んだ設定ではあるんですが(笑)、でも実は現代社会に生きる個人の悩みや人生観などを描いていて、演じていて結構リアルに感じました」と高梨さん。

題材や登場人物たちの悩みなども、andGIRL読者にドンピシャなので、恋愛面でもそれ以外でも、一緒に悩んだり楽しんだりしながら観てもらえるドラマかなって思います。

私が演じるのは、プチお嬢様で祖母のいいなりに生きてきて、父親のコネでラジオ局で働く冬村奈々。大谷亮平さん演じる嵐望というかっこいい彼氏もいて、はたから見たら勝ち組なんだけど、実は心の中では満足していない女の子です。奈々の、実は思ったことをはっきり言えなかったり、思ったことと逆のことを言ってしまうなどの部分は私にもあったりして、わりと共感する部分は多かったですね」

結婚って一緒に高め合っていくもの。 私の場合は、とくに条件はなかったですね

〝1つだけ結婚にまつわる条件を持つことができて、抽選により選ばれた相手が自分の条件に当てはまらなければお見合いは無効となる〟ため、たった1つの条件を決めることが、この物語の鍵。「野村周平さん演じるモテない独身男の龍彦と奈々が、何を条件にしたかは、最後までわからないところがまた、面白いんです」という高梨さんは、今年2月に入籍したばかり。高梨さん自身、結婚するにあたって条件はあったのでしょうか?
「しいて言えば、逆に何も求め合わないことが条件でしたね。それぞれ仕事をしながらお互いの人生を尊重できて、あとは自分が自然体でいられることが一番ですから。結婚ってパートナーを見つけて、一生一緒にいましょうねっていう約束みたいなものだと思うんです。だから一緒に長くいるうちに、高め合っていければなって」
「条件を1つだけ決めるというのはなかなか難しいことだけど、仮に考えてみてもいいかもしれませんね。何かしら新たな目標が見つかるかもしれないし、人生が少し豊かになるかも」

高梨さんがそう思うきっかけになったのは、昨年末にandGIRLが密着取材したホノルルマラソンへのチャレンジだったのだそう。

小さい目標でもいいから1つ持って生活することで、メリハリが出るんです

「小さい目標でもいいから1つ持って生活すると、メリハリが出るなって思いました。それまで趣味ランニングをしていたんですが、フルマラソン完走を目標にトレーニングを続けたら、苦しいけれどワクワクする楽しさがあった。そして、やり遂げたら自信にもなりました。

今の目標?夫が常に目標を決めてチャレンジする人なので、突然、はい今の目標は?って聞かれたりするんです。このドラマが終わったらまた、新たな目標を聞かれちゃうから、そろそろ考えておかなくちゃ(笑)!」

Information

結婚できない男女の恋愛観や人生観が絡み合うドラマ

オトナの土ドラ『結婚相手は抽選で』

政府が施行したのは、25歳〜39歳までの独身男女の中から無作為に抽選をして、お見合い相手を決める、というもの。その対象となった、モテない独身男の宮坂龍彦(野村周平)、冬村奈々(高梨臨)、銀林嵐望(大谷亮平)、鈴掛好美(佐津川愛美)らが、悩みながらも大きな決断をしたり成長を遂げる物語。10月6日より毎週土曜日23時40分~24時35分、東海テレビ・フジテレビ系列全国ネットにて放送予定

Profile

たかなし・りん 1988年12月17日生まれ。女優、モデルとして活躍中。代表作は、カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式招待作品 映画「ライク・サムワン・イン・ラブ」、連続ドラマ小説「花子とアン」(NHK)、2018年大河ドラマ『西郷どん』(NHK)、主演を務めた『恋がヘタでも生きてます』(日テレ系)、『あいの結婚相談所』(EX)ほか多数。雑誌『andGIRL』ではレギュラーモデルを務めている。

あわせて読みたい

関連記事