andGIRL

安室ちゃんはずっと私たちの憧れです♡可愛すぎる衣装&感動のライブレポをお届け! のメイン画像

安室ちゃんといえば、コレ!ミニ×ロングブーツはやっぱり最強!

終始、笑顔の余韻が残るライブだった。クールなのにとびきり可愛くて、ユーモアも切なさも併せ持っている人。圧巻の歌とダンスを見せるトップアーティストでありながら、いくつになっても〝安室ちゃん〟と呼ばれる親しみやすさもたたえている。安室奈美恵には、たくさんの顔と魅力があって、そのすべてを味わえるのがステージの醍醐味だけれど。やはり、みんながいちばん好きなのは、この笑顔だ。口角がキュッと上がった、人を幸せにするスペシャルな安室ちゃんの笑顔!
会場は開演前から異様な緊張感と興奮に包まれる中、まるでオリンピックの開会式のようにトーチを持った2人の聖火ランナーが現れ、赤と青の炎をステージの頂上に灯すと、その真下に安室ちゃんが現れた。スタイリッシュな赤のナポレオンジャケットにシフォンのスカート姿で歌い始めたのは、昨年末の紅白でも披露した「Hero」だ。会場へとまっすぐな視線を向けて〝君だけのためのHero/どんな日もそばにいるよ〟と歌いあげる。その言葉を受け取り、すでに涙腺が決壊している人たちが続出。そう、安室ちゃんは、ずっと私たちのヒーローだったのだ。
世にアムラーブームが巻き起こり、瞬く間に女子の憧れの頂点に上り詰めながらも、地に足のついたリアルな女子であり、アーティストとして揺らがない自分を保っていた人。公私ともに様々な困難を乗り越えながらも、我が道を歩み続け、年齢を重ねるほどに強く美しい女性としての生き方を体現し続けた。私たちがずっと追い続けたヒーロー。
1曲目にして、まるでクライマックスのような感動に浸っていると、続く「Hide & Seek」ではハードなサウンドをバックに踊る。「Do Me More」では高速で衣装を替えて登場。編み込んだヘアとスパンコールのビスチェでステージ上を優雅に歩き、強くかっこよく色っぽい、大人の女性たる安室を見せつける。

揺れるフリンジがダンスをよりクールに美しく見せる

〝今〟を感じさせる怒涛のようなオープニングを経て、次のパートでは、一転。アラサー女子も大好きなチャーミングでポップな曲を次々に披露。最高に似合っていたピンクのワンショルダーのミニワンピで歌った「Baby Don't Cry」や、「SWEET 19 BLUES」を始めとする小室哲哉プロデュース時代の曲は、キレキレのダンスを交えながら、のびやかに歌われている。そんな安室ちゃんを食い入るように見つめている観客たち。安室奈美恵の楽曲は、常に時代とともにあったのだけれど、彼女自身が進化し続けているからなのか、全く古く感じられないことに気づく。それがいちファンとして無性にうれしくもあり、何だか不思議にも感じられていた。
これが終わりだなんてやはり信じられない......。彩り豊かなステージに没頭しながらも複雑な感情にとらわれていると、ステージ上に設置された3つのスクリーンに3人の安室奈美恵が映し出された。「1997年の安室」と「2012年の安室」、そして「今ここ」で、「a walk in the park」を歌っている安室ちゃんのライブ映像だ。ダンスはもちろん、歌いながら前髪をかきあげる仕草や笑顔で走り回る姿など。スクリーンの中、2つの過去と今の自分を完璧にシンクロさせていく姿にまた大きな歓喜の声が上がる。その演出からは、安室ちゃん自身がみんなと過ごした過去も現在も否定していない、ただ、愛しているという思いが伝わってきた。

愛の言葉を伝えるときは、白のロングドレスで女神のように

安室奈美恵はどの時代もぶれずに美しかったし、いつも〝今、最新の安室〟がいちばん輝いていることにも気づかされた。本編ラストは、「In Two」「Do It For Love」などオールタイム・ベストアルバム『Finally』の最新曲を次々に披露。場内の興奮が極まったところで、ステージがせり上がって、「THANK YOU 25 I ♡ FAN」というメッセージボードが現れた。「ずっとライブの仕事が最重要だったし、そこで応援してくれる人に会えることがいちばんうれしかった」と語っていた、安室ちゃんの言葉を思い出す。自分については多くを語りたがらないけれど、安室ちゃんはいつもファンに向き合っていた人。だからこそ、アラサー世代を中心にした女性たちは、彼女を特別な存在として愛し続け、共感し、憧れ続けてきたのだ。
「9月16日以降、私がこうしてステージに立つことはありません。だからこそ、この25年間が私の中で、とてもとても、大切な思い出になりました」。とうとう最後のとき。キャリアの後半ではめったになかったMCで感謝の言葉を述べて目元を光らせたものの、「最後は笑顔で!みんな元気でね、バイバイ!」と再び口角をあげた。ライブの間中、泣いている人や感動に震えて立ちつくしている人もいたけれど、その笑顔に引き込まれて、みんなも自然と笑顔になっている。安室ちゃんらしい軽やかなバイバイは、笑顔の余韻とともに、私たちの心の中で永遠にアンコールを繰り返す。

永遠の心に残る、最高の安室奈美恵!

『namie amuro Final Tour 2018 〜 Finally 〜』

『namie amuro Final Tour 2018 〜 Finally 〜』¥8,800(税込)
今年行われた安室奈美恵の25年の軌跡を凝縮した最後で最高のツアーがDVDとBlu-rayに。セットリストは、ファン投票で選ばれた24曲+『Finally』収録の新曲6曲。感動のMCなどもたっぷり楽しめます。
 取材・一部文/芳麗

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事