andGIRL

大至急〝見えるとこだけ〟ヤセとこう。簡単押すだけ、二の腕と脚のダイエット術 のメイン画像

Point!基本の押し方はコレ!

Point!

  • ①親指の腹を使って、じっくりと奥に効かせる「親指押し」
  • ②人差し指、中指、薬指の腹を使って、3点同時に押す「人差し指・中指・薬指押し」
  • ③親指以外の4本の指の第2関節で広い範囲を刺激する「第2関節押し」
  • ④押したい箇所にひじを当て、体重をかけて奥深くまでプッシュする「ひじ押し」
正しく押せば手が疲れないし、効果も倍増。押し方は自重を使って気持ちいい程度に。1カ所10〜15秒でOK。

01 脚全体をホッソリ!

①足の裏を第2関節押しで小刻みに押し流す

足裏を第2関節押しでまんべんなく押します。指の付け根からかかとに向かって小刻みに押しながら動かします。ドクドクと、血液の流れを感じられるようになるまで続けて。

②指の間に手の指を入れて挟み込みながら押す

足の指の間に手の指を差し込み、両脇から挟むように力を入れてプッシュ。指だけじゃなく、ホールドされた骨もほぐれて脚の老廃物を上手く流せるようにスイッチできます。足先が冷える人は入念に押して。

③ふくらはぎの骨のキワを親指でグッと押す

内側のくるぶしからひざに向かって、骨のキワを親指で押し流します。ここには老廃物を回収する太い静脈があるので、力を入れてしっかり刺激を。体温や肌の色などに変化を感じるまで押します。

④ひざの裏に3本の指をググッと押し入れる

人差し指・中指・薬指をひざ裏に当てて押し込みます。脚の重みを利用して指を奥に入れ込み、痛気持ちいい程度に刺激。ここのリンパ節を開かせることで足裏~ふくらはぎの老廃物が流れます。

⑤足首を回してリンパを流す!

⑥太ももにひじを当てて力強く押す

ひざから鼠蹊部に向かってひじで押します。小刻みに押し流すのではなく、ひじに体重をかけてしっかり押してから移動するように。すると、筋肉と骨の隙間や筋膜も刺激でき、脚のラインが整います。

02 二の腕全体をホッソリ!

①鎖骨の溝を押してリンパを流す出口を開ける

人差し指・中指・薬指押しで、左右の鎖骨の溝を中心から肩に向かって押します。溝に指が入りにくければ中指だけでOK。最終的にリンパは左の鎖骨に流れるので、最初に左から押して出口を開かせます。

②脇の下のリンパ節を第2関節押しで開ける

脇の下にこぶしを当て、第2関節押しでギュッと刺激します。二の腕の老廃物はここに流し入れるのでリンパ節をきちんと開かせて。ジーンとほどよい刺激を感じるくらいの強さで押します。

③二の腕の下側を第2関節で押し流す

ひじを曲げ、二の腕の下側を第2関節で押します。ひじから脇の下に向かって押し流し、腕が軽くなったように感じるまで続けます。腕の重みを利用してこぶしを押し込むと、奥まで力が加わります。

④バストの上部を脇に向かって押し流す

バストの上部に第2関節を当てて押します。老廃物を脇に流し込むように、中心から脇に向かってこぶしを動かして。脇からはみ出たムダ肉やデコルテもスッキリして、二の腕の印象もより美しく!

⑤3本の指で背後のムダ肉を押し集める

背中側の脇を、人差し指・中指・薬指押しで指圧します。後ろにはみ出たムダ肉を、脇の内側のリンパ節に押し入れるようにギュッギュッと刺激して。これで、後ろ姿の二の腕もホッソリ見えます。

1週間で体が変わります!

揉むよりも、グッと垂直に押したほうがピンポイントで力が入ります。すると、毒素の排泄や血流が促されて代謝が上がり、ヤセ体質に変化!

撮影/国井美奈子 ヘアメイク/堀口由美子(lila) 取材・一部文/飯田有希菜

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事