andGIRL

冬太りストップ!もう挫折しない。ダイエットに必要な心構えをカリスマから学ぶ件 のメイン画像

AYAさんの体作りのモチベーションの保ち方が知りたい!

01 〝今の自分にできそうなこと〟を目標に設定して挫折を回避!

私はちょっとがんばればできる目標を立てて、達成するたび次々と新しい目標を設定しています。体作りは欲ばりすぎても挫折するだけ。一気に3歩先に進もうとはせず、1歩1歩、着実にステップアップすることが大切。そうすると達成感をずっと感じられるので、やる気も続きますよ。

たとえば飲み物を見直すところから始めてみる

今までの食生活を突然ガラリと変えればストレスになるだけ。たとえば甘い物を飲む習慣があれば、まず砂糖以外で甘味を感じる工夫をするなど、ハードルが低いものからトライしてみて。最初はこれぐらいやさしいことでいいんです。ちょっとずつの成功を繰り返していくことが大事です!

なんでそんなにストイックになれるんですか?

02 楽をして結果が出たことなんてないから。楽してヤセる方法があるなら私もそれやります(笑)

全然、ストイックじゃないですよ!楽してヤセられるものがあるなら飛びつきたいけれど、それは絶対にあり得ない。だからできることをコツコツ積み重ねてきただけ。それがいつの間にか当たり前になっていたんです。習慣にすればこっちのもの、です!あと、私がストイックに見えるのは努力するのが苦じゃないからかも。もともと不器用で、小さい頃から人の10倍努力しないと何も達成できなかったから、がんばるのが当然と思ってる部分はありますね。

炭水化物や甘いものが食べたくなったらどうしていますか?

03 糖質〝風〟の食材で脳をごまかしています

食材を工夫して脳をだまし〝食べたつもり〟にします。麺が食べたいときは、糖質カット麺に野菜をたっぷりのせた一品を。麺をツルツルッとすする行為で、脳が〝糖質を摂った!〟と勘違い。満足感が得られます。大好きなアップルパイを食べたくなったときも同じ。スライスしたりんごをフライパンで素焼きして、シナモンをふって食べる。砂糖もパイも使っていないのに、脳は満足。ガマンしている、というストレスも感じません!

紀文の糖質カット麺が大活躍!

体重がなかなか減らないのがストレスです…

04 私、自分が何kgなのか知りません

大事なのは数字よりも感覚です。自分で体が重く感じず、気持ちよく運動できる状態であればバッチリ。私も体重は一切、量りません。体重に一喜一憂していたら、人生楽しめないですよ!

平日はほとんどサラダを食べているそうですが、ぶっちゃけ飽きませんか?

05 トッピングとドレッシングでいくらでも楽しめます!

豚しゃぶや魚介類、砕いたナッツなどなど、トッピングを変えるので飽きません。使うドレッシングも自由。だけど、いちばん好きな叙々苑のサラダドレッシングは油多めなので、たま〜のごほうびに(笑)。

撮影/岩谷優一(vale.) 監修/AYA ヘアメイク/み山健太郎 取材・一部文/長嶋恭子(Lush!)

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事