andGIRL

ナノケア vs ダイソン vs ヘアビューザー 話題の高性能ドライヤーを徹底比較! のメイン画像
比較検証のためにピックアップしたのは、パナソニックの「ナノケア」、ダイソンの「スーパーソニックマイナスイオン」、リュミエリーナの「ヘアビューザー」の3アイテム。早速、比較してみましょう♪
注:各ドライヤー共、最も風力の強いホットモードで、湿らせた髪を乾かしました。

01 パナソニックナノケアEH-NA

温度:ホット時約125 ℃(ドライ時)/スカルプモード時約60 ℃ 風量:1.3 m³/分 重さ:約575g(セットノズル含まず) 大きさ:高さ22.8×幅21×奥行8.9 cm

「ブローの前と後で髪の質感が全然違う!髪の毛が柔らかくなる感じ。あと髪がツルツルになって、ツヤ感もアップするし、潤う感じも。手触りも断然、良くなった気がする」
「風力は十分だし、髪の質感も断然良くなってすごい!風の温度もちょうどいいから髪も熱くなりにくそう。デザインやカラーもかわいいし、持ちやすいのもポイント高いかも」

02 ダイソンスーパーソニック

温度:速乾・スタイリング時78℃/標準時62℃/低温時45℃/冷風時28℃ 風量:2.4 m³/分 重さ:618g サイズ:高さ24.5×幅7.8×奥行9.7cm

「風を当てると髪全体が潤って、しっとりまとまる感じ。少し音が大きい感じもするけど、その分、風に勢いがあって、風力がパワフル!」
「風力が強い分、乾きがすごく早い!風の温度がそんなに高くないから、髪に近づけても熱くないし、ちょっと重さを感じるかもだけど、持ち手が持ちやすいし、変わったデザインで見た目がかっこいいところも高ポイント」
30 件

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事