andGIRL

間違えないで、皮脂はうるおいじゃない!夏だって保湿ケアが大事なワケ のメイン画像

01 実は肌の内部が荒れやすくなってます

汗や余分な皮脂を放置すると刺激になることもあるので、分泌が活発になるこの時期はこまめにふき取るよう心がけて。ただ、汗のベタつきを皮脂と勘違いして取りすぎてしまうと乾燥を招きます。ただでさえ、スキンケアの簡素化やエアコンにより乾燥しやすくなってるのに、うるおいがさらに不足するとバリア機能も下がり、外部刺激に負けやすい肌になりかねません。夏はつい手を抜きがちですが、保湿ケアを欠かすと大変!

02 洗顔は“落としすぎない”が大事です

汗や余分な皮脂をためこまないためにも、帰ったら早めに洗顔を。ただし、むやみに洗顔をしすぎると、うるおいに必要な皮脂やセラミドまで洗い流してしまい、肌はゆらぐ一方。適切な洗顔こそ、夏肌をケアする第一歩です。
手順のポイントは……
(1)クレンジングはなじませてメイク汚れを浮かせてから流す
(2)汚れをキャッチできるように洗顔料をしっかり泡立てる
(3)泡をころがすようにしてやさしく洗う
11 件

あわせて読みたい

関連記事