andGIRL

“ほどよくゆるり”が色っぽ!浴衣を着たときのうなじの作り方 のメイン画像

01 鉄板浴衣/白と紺、実はウケるのが淡色

浴衣の好みは男女で大きく違う。ここは潔く男目線に徹しよう。王道の白か紺ベースで、しとっと大人っぽいものを選ぶのが正解。華やかだけど、派手すぎず清楚なラベンダーやイエローなどの淡色も、意外とウケがいい。

【テクニック】 お目当ての彼には「白か紺ベース」で1回、「淡色」で1回と、違うタイプの浴衣で2回以上会うべき。必ずどちらかが彼の好みにヒットするので、取りこぼしがなくなるはず。

02 色っぽいうなじ/キツいうなじは色気に欠ける

色っぽうなじを作るには、それなりの技が必要。後れ毛がありすぎると「だらしない」、キツくまとめすぎてうなじが突っ張っていると「色気に欠ける」。ほどよくゆるんとしながらも、上品。そんなうなじに男はときめく。

【テクニック】 髪を上下2段に分け、下のほうをねじり上げながらまとめて毛先を隠し、髪を少し引き出してゆるめる。上は、下と逆方向にねじってまとめる。トップを引き出し、ふんわりさせて完成。

※『andGIRL』2016年7月号

あわせて読みたい

関連記事