andGIRL

【2021年秋メイク】プチプラしか勝たん!オール¥1,500以下のアイテムで作る秋の旬顔メイクvol.3 チーク・リップ編 のメイン画像

教えていただいたのは・・・ヘアメイクアップアーティスト 久保フユミさん

Profile・ROI所属。森ユキオさんに師事し、ファッション誌やWEBなどさまざまな媒体で活躍する人気ヘアメイクアップアーティスト。トレンドを取り入れながら、女の子の可愛さや魅力を引き出すメイクがお得意!

目元が華やかなときは、口元もこっくり系が好相性。リップを先に塗りましょう!

「アイメイクにしっかり色をのせたときは、リップも濃いめにしたほうが断然、秋っぽい!目元とリンクした色を選ぶと、誰でも失敗ナシ。アイカラーよりもやや赤みを重視すると、トゥーマッチにならずバランス良くまとまります。目元と口元が強い分、チークはつなぎ役に徹して、ハイライトはミニマムに部分使いするのが正解。適度なツヤと立体感が、美女オーラを高めます!」(久保さん)

アイメイクは女性らしさが際立つバーガンディが主役!目尻を強調してタレ目に♡

ここでアイメイクを少しおさらい。秋のイチオシであるバーガンディをメインカラーに添えた、大人のタレ目メイク。目尻側だけにポイントを置いているからヌケ感が出て、色っぽいのに旬度はバツグン。上品で魅力的な印象に!

01 ほんのりくすんだ最旬プラムは、上唇だけオーバーにのせるとエッジィで甘すぎない!

マスクリップの常識!目元に合わせた鮮やかティントで色っぽムードを上昇

上下の唇全体にティントを塗ったら、上唇の山部分のみオーバーリップになるように重ねる。ツンとした唇にすることで小悪魔チックなエッセンスが加わり、大人可愛い表情に。

Check!使ったのはコレ!

セザンヌ ウォータリーティントリップ 05 ¥660/セザンヌ化粧品

レッドに青みをプラスした深みプラムカラーは、美肌見えまでバッチリ♡

みずみずしいツヤのある仕上がりで、洒落感と色っぽさを両立。潤いもキープできて色持ちも◎。

02 目元と口元を引き立てるほんのりチークで顔の余白を埋めて、立体小顔をメイク!

チークもくすみ系ローズで色合いを揃えれば、顔に統一感が出てこなれた印象に

左上の明るい色以外の4色をブラシで混ぜて、黒目の外側にON。内側は細く、外側にいくにつれて扇状に広げると、立体感と大人っぽさが際立つ小顔に。軽くなじませる程度で、超ほんのりとのせるのが鉄則!

Check!使ったのはコレ!

キャンメイク グロウフルールチークス 16 ¥880(9月下旬発売)/井田ラボラトリーズ

毛穴や凹凸をふんわりぼかし込んで、透明感まで与えてくれる儚げライラック♡

繊細パールでさりげなくツヤが宿る仕上がり。しっとり密着して、つけたての色が一日中続く。

03 “ついてる?”ぐらいがちょうどいい!あか抜けハイライト使いで美女スイッチをON♡

マスクよりも上の部分にだけツヤめきを効かせて、顔立ちにメリハリをチャージ!

ハイライトカラーは、まっ白よりも柔らかなツヤめきを叶えるピンクみを帯びたカラーがおすすめ。眉間、鼻の付け根のへこみ、目の下の三角ゾーン、頬骨の高いところに、指でポンポンとなじませて。ギラギラさせたり範囲を広げすぎたりすると、昔っぽい印象になるので気をつけて。

Check!使ったのはコレ!

セザンヌ パールグロウハイライト 04 ¥660(10月上旬発売)/セザンヌ化粧品

一目惚れしちゃう桜貝みたいなピュアカラー。ニュアンスのあるぬれツヤ肌に!

ツヤ感を出しながら、さりげなく血色感までプラス。肌なじみが良く気品のある顔立ちを実現。

色気も洒落感もトレンドもフォロー!最強プチプラで美女見えをお約束♡

アラサーが求めるもの全てが詰まった最旬の秋メイク。可愛いのは言うまでもなく、色づきやもちまでいいんだから、間違いなく使ったもん勝ち!まだ暑い日が続いているけれど、メイクを秋モードにシフトするだけで気分もHAPPY。ワザあり秀逸コスメで、新たな魅力を引き出しちゃって♡

撮影/有馬秀星(MOUSTACHE)[人物]、国井美奈子[静物] ヘアメイク/久保フユミ(ROI) モデル/金城ゆき(andGIRLスーパーメイツ) 取材・文/橋場鈴里

関連記事