andGIRL

おすすめクレンジング12選♡アラサー女子必見!美肌を叶える人気のアイテムまとめ のメイン画像

Check!ますは正しいクレンジング方法のポイントをCHECK!

01 力を入れてゴシゴシこすらない

肌のいちばん表面にある角層は、ティッシュ1枚分の薄さしかありません。ティッシュがヨレたり破れたりしない程度の力加減で触れるように洗うのが正解。クレンジングをなじませると、自然とメイクは浮いてくるので、ゴシゴシこすらなくてOKです。

02 目元は特に優しくオフ

上まぶたは軽くなでる程度の触り方で十分。下まぶたはキレイな指に変えて、やさしくなぞる程度になじませましょう。目元は特にデリケートなので、果物の表面をなでるような気持ちで、優しく落としていきましょう。

03 ぬるま湯で丁寧にすすぐ

冷たい水を使うと毛穴が締まってしまい、メイクを落としきれない原因になってしまいます。また、熱いお湯は皮膚が持っている潤いまで奪ってしまうので、「すすぎはぬるま湯で」が鉄則!水圧を加えすぎないように、できれば手ですくい洗いをしましょう。

Check!クレンジングの種類って?

オイルクレンジング

メイク落ちがとても良いのがオイルクレンジングの特徴。界面活性剤が多く配合されているため洗浄力が強く、しっかりメイクをされる方、オイリー肌の方などに特におすすめ。

リキッドクレンジング

水分が主体のクレンジングで、テクスチャーはサラッとしています。洗浄力も高めで、しっかりメイクでも落としやすいアイテムです。ゴシゴシ洗ってしまうと肌の負担が大きくなるので、洗浄力が弱いものは摩擦で肌を傷つけないように気をつけましょう。

ジェルクレンジング

テクスチャー自体に厚みがあるから肌への刺激が少なく、敏感肌の人でも比較的使いやすいのがジェルクレンジングです。油系のジェルはクレンジング力が強く、水系だと弱くなります。自分に合ったタイプを選ぶと◎。

クリームクレンジング

クレンジング剤の中でも肌に優しいのがクリーム。クリーム自体に油分と水分を含んでいるので乳化させやすく、クレンジング後は肌がしっとりしやすいというメリットがあります。メイクなじみがあまりよくないので、オイルほど洗浄力は強くありません。

ミルククレンジング

ミルククレンジングも比較的肌に優しいものが多く、乾燥肌の人には特におすすめしたいアイテム。水分ベースでサラッとしているものが多いのですが、しっとり洗い上がるのが特徴。しっかりメイクよりも、ナチュラルメイクを落とすのに向いています。
73 件

あわせて読みたい

関連記事