andGIRL

髪質のせいで〝後ろがキマらない問題〟解決テク♡変形ハーフアップの簡単アレンジ術 のメイン画像

4つのコツをベースに!田中さん流〝後ろもキマる〟デイリーアレンジの作り方

前ページで紹介した4つのコツをちゃんと読んでいただけました?では、それをふまえた田中さん流のヘアアレンジをご紹介。最後に合わせ鏡でチェックすることもお忘れなく!

イメージする!

01 まずはイメージする!

全体的に、ゆるっとしていることにご注目。つまり、きっちり作ろうとしなくていいんです。また、毛先のニュアンス(巻きが必須)や、毛束感がある(巻きとスタイリング剤のおかげ)こともポイント!

スタイリング剤をつけて!

02 スタイリング剤で質感とボリュームをフィックス

上・32mmのコテで毛先は外ハネに、他はMIX巻き後、ワックスを指の間までまんべんなく伸ばした手で、毛先を軽く握って。束感やツヤを与えつつ、コテで作った外ハネをフィックス。

下・髪の中間にもオン(ワックスは取り足しません)。後頭部のふくらみを潰さないように、髪を持ち上げるように塗布します。最後に髪表面を優しくなでてアホ毛を落ち着かせて。

ゆるっと作って!

03 後ろ向きにゆるっとねじりハーフアップに

上・耳上の毛を取り、その毛束をひと差し指に絡めるようにしてねじる。ねじりをキレイに見せるコツは、横ではなく、後頭部に向けてねじること。ゴムは利き手側に準備しておいて。

下・後頭部までねじったら2本の毛束を合わせ、毛先をおだんご状に丸めてゴムで結びます。このとき、ねじった毛束以外の後頭部の髪も少量すくって一緒におだんごに(こうしないと、最後におだんごを中に入れ込めません)。

卵型を意識して

04 トップ中央を引き出して卵型をメイク

上・仕上げにゴムを軽く押さえながら、トップ中央の毛束を引き出す。トップのみ引き出すことで、頭が理想的な卵型シルエットに。ついでに身長までちょっぴり盛れて一石二鳥!

下・毛先のちびだんごを、内側に折り曲げてくるんと入れ込む。これだけで自然と後頭部に丸みが生まれ、バランスのいいシルエットに。絶壁に悩んでいる人も、簡単に解消できます。

髪が多くて硬い人でもおしゃれなヘアアレンジはできます!

ヘアアレンジは後ろが難しい、しかも髪が多くて硬いからおしゃれにキマらない、という人も大丈夫!アレンジ上手な田中亜希子さんも実は硬い髪質で毛量多め。しかも不器用だと言うんです。それでも4つのコツさえ押さえれば、後ろまでちゃんとキレイに見えるアレンジができるんです♡
撮影/アベユキヘ 取材・一部文/北爪佳奈
46 件

関連記事