andGIRL

万人共通〝美人に見える〟リップメイク!ぷっくり色っぽい、立体的な唇の作り方 のメイン画像

Point!リップはヌーディカラーでふちどって立体感を強化

日本人の8割は上唇が薄いから、上だけオーバーリップにしてバランスを補正。鼻と唇の間隔が狭まるので、顔の間延び感も払拭できるし、色っぽさもUP。下が薄い人は下をオーバーに。

01 上唇のみリップライナーで縁取る

薄い方の唇のみ、リップペンシルで1mmオーバーするように輪郭を描く。優しいタッチで描くと線がブレず描きやすい。これで、唇が薄い人もぷっくり色っぽく。

02 リップを塗ったらボカして

ライナーの色をあえてリップより明るめにしてグラデに仕上げることで、奥行きが生まれ、シャレ感も急上昇!この法則さえ守れば、リップの色は何色でもOKです。

使うアイテムはコレ!

左・ヴィセ アヴァン マルチスティックカラー 008 ¥1,800(編集部調べ)/コーセー 右・ベルベットリップライナー 9036 ¥2,700/NARS JAPAN
誰でも似合うピーチピンクのリップライナーと、旬の青みピンクのリップ。

リップライナーの隠し技でバランスを補正!

上だけオーバーリップにするだけで、顔の間延び感も払拭できる!

撮影/向山裕信(vale.) ヘアメイク/小田切ヒロ(LA DONNA) スタイリング/門馬ちひろ 取材・一部文/北爪佳奈

あわせて読みたい

関連記事