andGIRL

〝崩れてるの見たことない人〟のメイク術!真夏のドロドロの防ぎ方 のメイン画像

01 【ビューティライフスタイリスト】神崎恵さん

たっぷり保湿・薄塗りメイク・汗防止が鉄板ルール

Point!

  • Tゾーン、内頬、顎のテカリゾーンは専用下地でカバー
  • しっかり保湿すればファンデはパール半粒大でOK
  • ファンデは手のひらと指を使ってピタッとフィックス
大事なのはカバーしたい部分とそれ以外のメリハリ。
頬や鼻などカバーしたい中心部分から塗り始めることで、センターはちゃんとメイク感が出て、フェイスラインはナチュラルに!

02 【美容家/Riche主宰】石井美保さん

薄重ねで鉄板カバー&崩れを防止

Point!

  • 下地もファンデも手のひらでフィックス!スタンプを押すようになじませて
  • 目元はファンデの油分がムラ付きしているとヨレるから、細かくスポンジで抑えて
  • 粉頼みはNG!手とスポンジでしっかり密着させること
崩れを防ぐ=お粉と思っている人は、改めるべき!
スキンケアで肌の水分・油分のバランスを整えて、下地やファンデは手とスポンジをフル活用して密着させることがマストです。

03 【TBSアナウンサー】出水麻衣さん

直せないなら、出発前にスキンケアもメイクもしっかりと

トップス¥28,000/グレースコンチネンタル ショールーム ピアス/スタイリスト私物

Point!

  • ベース前のコットンパックで持ちがかなり変わります
  • リキッドファンデ+多めに粉をつけて、化粧水&スポンジで密着させる
  • マスカラは上下から両面塗りするとカールの持ちがUP
仕事柄、崩れた姿は魅せられないけれど、頻繁には直せないので事前のお手入れが重要に。
秘境取材では7日間テント生活でお風呂もなく顔も洗えなかったことも。ロケ中は直せないので出発前にスキンケアもメイクもしっかりとしておくのがポイント!

崩れたくないなら「たっぷり保湿」と「密着塗り」

美容賢者たちが共通して教えるコツは「しっかり保湿して肌の土台を作ること」「ベースはしっかり密着させること」。これで夏のメイク崩れを撃退しちゃいましょう!

撮影/岩谷優一(vale.)[神崎さん]、モリサキエイキ[石井さん]、当瀬真衣(TRIVAL)[出水さん]、ヘアメイク/赤羽麻希[神崎さん]、大野朋香(air)[石井さん]、堀口由美子(Lila)[出水さん]、スタイリング/川崎加織[神崎さん]、河西真弓[出水さん] 取材・一部文/橋場鈴里

Keywords

この記事に関連するキーワード

あわせて読みたい

関連記事