andGIRL

バキュームフェラとは?男性をイカせるやり方と上手になるコツをご紹介 のメイン画像

Check!バキュームフェラとは、吸いながら行うフェラのこと!

バキュームフェラとは、口の中を真空状態にして男性器を吸いながら行うフェラのこと。掃除機のように吸引しながら行うため、バキュームフェラと呼ばれています。

彼をフェラでイカせたい女性は、マスターしておいて損のないテクニックのひとつです。

膣では味わえない感覚にハマる人続出!

バキュームフェラは上下にストロークをする通常のフェラよりも男性器に与える刺激が大きいのが特徴です。男性の反応に合わせて口内を締めたり緩めたりできるため、膣では味わえないほどよい圧迫感にハマるのかもしれませんね。

Check!彼をイカせる!バキュームフェラのやり方を解説

彼をイカせたい人必見!バキュームフェラの基本のやり方をご紹介します。

1. 男性器を唾液でしっかり濡らす
2. 緩急をつけながら吸う
3. フィニッシュに近付いてきたらスピードを上げる


バキュームフェラをするときは、男性器をいきなり口に含むのではなく、下から上へと舐めていきましょう。緩急をつけながら刺激を与えていくことで、男性は快感を得やすくなるはずです。

このとき、口の中に唾液を溜めながら舐めるのがポイント。男性器をヌルヌルにするとバキュームフェラがしやすくなりますよ。

Check!上手くなりたい!バキュームフェラが上手くなるコツ5つ

上手になりたい人必見!バキュームフェラを上達させる方法をご紹介します。

  ・ わざと音を立てる
  ・ 吸う力を調整する
  ・ 舌の使い方を工夫してみる


以下で詳しくご紹介します。ポイントを押さえれば、誰でも上手になっちゃいますよ♡

1.わざと音を立てる

バキュームフェラをするときは、わざと音を立ててみましょう。唾液をたくさん使い、吸引すると、〝ジュボジュボ〟という音が出やすくなります。

女性は恥ずかしさを感じてしまうかもしれませんが、男性は「エッチなことをしている」「一生懸命咥えてくれている」と感じ、興奮度がアップするかもしれません♡

しかし、andGIRLの調査では、音を立てすぎるのはNGという意見も・・・。

「フェラしてくれるのはいいけど、AVの見過ぎなのかな?チュッパチュッパすごい音立てる子たまにいるんだよね。音って大事っちゃ大事だけど、やりすぎは引くだけ」(会社経営・27歳)、「フェラチオであえて音を出しながらしてくる子いるけど、音立てたからって気持ちよくなるわけじゃないし、むしろ萎える」(会社経営・22歳)とのこと。

男性によって好みは変わります。音を立てすぎてしまうとやりすぎ感が伝わってしまうのかもしれませんね。様子を伺いながらトライしてみるのをおすすめします。

2.吸う力を調整する

バキュームフェラをするときは、吸う力を調節しましょう。男性の反応を伺いながら吸う力を調節していけば、バキュームフェラが得意になるかもしれません♡

男性に気持ちよくなってほしいと強めに吸ってしまうと痛みを与えてしまったり、強めの刺激に慣れて膣でイケなくなってしまったりすることがあるため注意が必要です。

3.舌の使い方を工夫する

バキュームフェラをするときは、舌の使い方を工夫しましょう。例えば、吸引しながら舌を回してみたり、吸引しながら舌で男性器の裏側を刺激してみたりなど。

刺激をプラスすることで、男性の快感をより高めることができるはず。バキュームフェラだけで男性をイカせられるかもしれませんよ♡

4.AVなどの動画を観て研究する

バキュームフェラの腕を上げたいときは、AVなどの動画を観て研究してみるとよいでしょう。バキュームフェラのテクニックはもちろん、フェラの始め方などもわかるようになるはずです♡

しかし、AVなどの動画はエンターテインメント。内容を再現しすぎると、男性に「AVっぽい」と思われて引かれたり、萎えさせてしまったりすることがあるかもしれません。やりすぎには注意しましょう。

5.指やディルドを使って練習する

バキュームフェラを練習したいときは、指やディルドを使うのをおすすめします。指で練習すると、舌の動かし方や歯の当たり方、吸い方がわかるようになるでしょう。

自分の指で舌の動かし方や吸う力の感覚を掴めたら、ディルドを使い、練習していくのがおすすめ。ディルドは男性器に近い大きさ・形で作られているため、本番さながらの練習が行えるはずです。

彼をイカせる技をゲット!バキュームフェラの練習は「ピンクアングル」

フェラの仕方がわからない女子は「ラブコスメ」の『LCポイントバー ピンクアングル』がおすすめです。

「ピンクアングル」は、見た目が可愛いピンクのディルド!男性器のようにリアルなデザインではないため、大人のおもちゃに抵抗がある人でも使いやすいでしょう。

「ピンクアングル」でバキュームフェラの練習をすれば、舌の使い方や吸い方の感覚が掴めて、男性をイカせるテクニックを習得できるかもしれません。もちろん、騎乗位の練習をしたり、自分の感度アップのために使うのも◎。彼と騎乗位している感覚を味わえますよ!

▼「ピンクアングル」をもっと詳しくチェックする!

ピンクアングル


フェラをするときは歯が当たらないように注意!

バキュームフェラをするときは、歯が当たらないように注意しましょう。なぜなら、男性器はデリケートな部位のため、歯が当たると痛みを感じてしまうからです。

男性器を咥えたら口をすぼめて、唇を口の内側にしまい込むのがコツ。指やディルドで練習しておくと、本番でもスムーズに行えるはずです。

▼フェラ上手な女子が実践しているテクニックとは?

Check!男性必見!女性にバキュームフェラをさせる方法4つ

女性の中には、フェラが難しいものだと思い込んでいたり、男性器を舐めることに対して苦手意識を持っていたりすることがあります。加えて、口が小さい女性だと顎が疲れやすかったり、息苦しくなったりするため、得意ではない場合も・・・。

ここでは、女性にバキュームフェラをしてもらう方法をご紹介します。

  ・ 男性器を清潔にする
  ・ やり方をやさしく教える
  ・ 深くまで咥えさせないようにする
  ・ あまり長い時間させないようにする


以下で詳しくご紹介します。

1.男性器を清潔にする

女性にバキュームフェラをしてもらうには、男性器を清潔にしておくことが大切です。なぜなら、女性は〝男性器は汚い〟というイメージを持っていたり、男性器に抵抗感を持っていたりするからです。

特に汗などで蒸れていたりニオイがあったりすると、舐めるのに抵抗感があるでしょう。女性にフェラをしてもらうためにもセックス前はお風呂に入るようにするのをおすすめします。

口に含んでも問題のない味付きのローションを使ったりしてみるのもよいかもしれませんよ!

ずっと舐めていたいと思うかも!食べられるローション『ラブシロップ』

彼女にフェラしてもらいたい男性には、『ラブシロップ』がおすすめです。

『ラブシロップ』は体に塗ったり垂らしたりして使う食べられるローション!甘くておいしいので、これを使えば、男性器に抵抗感のある女性でも夢中でフェラしてくれるかも♡

使い方は男性器になじませるだけ。トロッとしたテクスチャーですが、舐めてみるとサラッとしていてベタつかないのが特徴です。愛用者からは「ほどよい甘さ」「塗った瞬間メープルの甘い匂いに包まれた」などの口コミが寄せられています!

▼『ラブシロップ』をもっと詳しくチェックする!

LC


2.やり方をやさしく教える

女性にバキュームフェラをしてもらうには、やり方をやさしく教えてあげましょう。女性はバキュームフェラの仕方がわからず、苦手意識を持っていることがあります。

男性がやさしく自分の感じやすいポイントや舐め方を伝えることで、女性は舐め方がわかるようになるはずです。このとき、ダメ出しやネガティブな発言をするのはNG。女性のプライドが傷つき、フェラをしてくれなくなるかもしれません。

3.深くまで咥えさせないようにする

女性にバキュームフェラをしてもらうには、深くまで咥えさせないようにしましょう。深く咥えさせてしまうと、息苦しさを感じてしまったり、嗚咽が起こってしまったりして、苦手意識が強くなるかもしれません。

特に、女性の頭を押さえてしまう男性は注意!女性は頭を押さえられると男性器が奥深くまで入り、苦しくなるだけでなく、口が疲れてしまったり、自分の口でオナニーされているように感じることがあるかもしれません。

4.あまり長い時間させないようにする

女性にバキュームフェラをしてもらうには、あまり長い時間させないようにするのも大切です。フェラは前戯のため、長時間すればよいというわけではありません。あまり長い時間フェラをさせてしまうと、口が疲れるだけでなく、苦手になってしまうこともあるでしょう。

ちなみに、andGIRLの調査によると、フェラは2~3分ほどでよいとのこと。フェラの後は、挿入などの行程があるため、早めに切り上げる方がよいのかもしれませんね。

▼アラサー男子に聞きました!気持ちよくさせるフェラのやり方・コツ

Check!バキュームフェラのやり方とコツを知って彼を満足させよう

バキュームフェラをするときは、男性器をしっかりと唾液で濡らし、緩急をつけながら吸っていきましょう。わざと音を立てたり、舌の動かし方に変化をつけると、彼は気持ちよくなってくれるはず♡

バキュームフェラをマスターして、彼とのセックスを盛り上げちゃいましょう!

文/竹中みえ・andGIRLweb編集部

Keywords

この記事に関連するキーワード

関連記事