andGIRL

洗濯王子が伝授!シャツを“まっしろ”にする裏ワザ のメイン画像
andGIRL4月号より
何度洗っても、衿元、袖口にしぶとく残るシャツの黄ばみ黒ずみに悩まされ、半ばあきらめていた人も多いはず。でも、洗濯機に入れるひと手間で簡単にキレイにする方法がありました。
「洗濯王子」の愛称で人気の洗濯アドバイザー・中村祐一さんに、そんな洗濯テクニックを詳しく教えてもらいました。
STEP1 まず用意すべきは、ブラシ&洗濯石鹸!
下洗いに歯ブラシor馬毛ブラシを用意。使い古した歯ブラシでもOKだけど、ブラシの部分が大きく、衣類を傷つけない馬毛ブラシがオススメ。
STEP2 汚れ部分に洗濯石鹸を直接すりこむ
汚れが目立つ襟元や袖部分をお湯で濡らし、直接石鹸を当ててすりこんで。洗濯前のこのひと手間で汚れ落ちに雲泥の差がでてきます!
STEP3 ブラシでこする!素材に合わせて強さは強調して
2で石鹸をすりこんだ部分をブラシでゴシゴシこするだけ!綿やポリエステルなど、丈夫な素材はしっかり、それ以外のシャツは優しく。
STEP4 指の腹でもむように、しながらしっかりすすぐ
この時点で目に見える大きな汚れは、落ちてるハズ!それでも落ちない場合はお湯の温度を5060にあげみるのも手。
STEP5 それでも落ちないならつけ置き
黄ばみなどが残ってしまった場合は漂白剤でつけ置きを。40程度のお湯で約30分程度浸すのがベストです。2時間以上浸すと生地が傷むので注意して。
andGIRL4月号では、ほかにも「アイロン編」を。シワにならないアイロン方法もマスターしたいなら絶好のチャンスです!

あわせて読みたい

関連記事