andGIRL

冷凍ストッキングも!?みんなの夏を快適にする“ひんやりテク” のメイン画像
andGIRL8月号より
気温の上昇とともに汗のニオイやシミ、さらに汗がなかなか引かないで恥ずかしい思いをしたなど、暑さにまつわる悩みは尽きないもの。
そうした気苦労が絶えない日々から解放されるべく、夏のお悩みを快適するみんなの工夫を紹介します。
■瞬時に汗が引く脇の下“冷えピタ”
「真夏の外回りって、会社に戻ってからも汗が止まらない!すぐに体を冷やすために、『冷えピタ』を小さくカットして脇下にピタッ。リンパを冷やすことで瞬時に汗が引くの!」(広告代理店勤務・27歳)
■冷凍ストッキングで外でも快適
「冷凍庫にストッキングを入れて冷やしてから履くと、脚全体がまんべんなく冷やされて気持ちいい~♪実は、伝線予防にもなるので一石二鳥」(介護福祉士・31歳)
■ベビーパウダーでニオイ防止も
「汗をかきやすいけど、外出先ではふき取ることも難しい首や背中。事前にベビーパウダーをはたくだけで、汗をかきにくくなり、ベタつき防止に」(アパレル会社勤務・29歳)
■保冷剤入りスカーフで熱中症対策
「外出から戻った直後は汗だく!冷やした保冷剤をバラエティショップで買ったポーチに入れ、首筋に当てると一気に汗が引きます」(PR・29歳)
「外回りのときは、スカーフに見せかけて保冷剤を忍ばせておけるネッククーラーを装着。熱中症対策にもなるんです。ハンズで購入」(美容関連会社勤務・33歳)
※『andGIRL』2015年8月号

あわせて読みたい

関連記事